『真・三國無双7』ストーリーモードと新要素の将星モード、登場武将の情報をお届け

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2013年2月7日号(2013年1月24日発売)において、プレイステーション3用ソフト『真・三國無双7』(2013年2月28日発売予定)の最新情報を公開した。

 コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2013年2月7日号(2013年1月24日発売)において、プレイステーション3用ソフト『真・三國無双7』(2013年2月28日発売予定)の最新情報を公開した。 以下、記事内容を一部抜粋してお届けする。


 魏・呉・蜀・晋と、その他の勢力の武将たちが、総勢70名以上も登場し、熱き物語を紡ぐ『真・三國無双7』。シリーズで人気のストーリーモードには、新要素が加わり、ますます深い視点から三国志のドラマが堪能できるようになった。さらに、やり込み要素満載の“将星モード”も搭載され、遊び応えある内容に進化している。今回は、各モードと新たに参戦が判明した武将を紹介するぞ。

●ストーリーモードを大幅強化

 プレイの主軸となるストーリーモードでは、下記の流れで魏・呉・蜀・晋の4勢力の新規に書き起こされた物語が楽しめる。本作では、ひとつのシナリオごとに操作武将として選べるキャラクターが複数に増えたほか、史実とは異なる“if”のシナリオも多数追加された。これらの要素を収録することで、三国志の物語をしっかりと表現しつつ、新たな展開が楽しめる作りとなっている。

■ストーリーモードの流れ
メインメニュー
・プレイする勢力を選択する
シナリオ選択画面
・ストーリーを新しく始めるほか、続きから遊ぶことも可能。クリアーしたシナリオや、“if”によって現れたシナリオも選択できる
インターミッション
・選んだシナリオの歴史的な背景が説明され、2~4人の武将の中から操作武将、装備する武器などを選ぶ
戦前演出
・イベントムービーが流れたり、駐屯地で武将どうしの会話イベントが楽しめる
戦闘
・戦闘ごとに設定されている、勝利条件の達成を目指して敵を倒す
エンディング

●新要素“将星モード”で帝を推戴せよ

 将星モードとは、自分の基地を建設、発展させていき、豪華絢爛な“銅雀台”を建設して帝を基地に招き入れることを目指す新モード。基地は戦闘をくり返して名声を高めたり、仲間、素材を集めたりすることで発展していく。このモードには、700名を超える仲間武将や無双武将とのイベント、特殊な戦闘など、やり込み要素が満載。クリアーした後も、新たな施設や戦場が解放されるため、くり返し楽しめるのだ。

■将星モードの流れ
ゲームスタート
・プレイヤーキャラクター選択後、世界観やゲームの目的を伝える演出が入る
基地
・各種施設を利用できるほか、戦闘で仲間にした武将を配置したり、会話が行える
戦闘
・戦場を選んで戦闘を行う。戦闘に勝利すると、素材や名声、仲間を獲得できる
エンディング
・新たな施設や戦場が解放され、継続してプレイできる

●魏・呉・蜀・晋の勢力から参戦が判明した英傑たち

 今回、新たに参戦が判明した武将の数は全部で8名。その中でも、晋の文鴦はシリーズ初参戦となるだけに要注目だ。ここからは、各勢力の序盤のストーリーと併せて、武将を紹介していく。ちなみに、得意武器とは、武将ごとに設定された使い慣れた武器のこと。得意武器で戦うと、強力な威力を秘めた固有アクション“EX攻撃”がくり出せるようになる。

文鴦
得意武器:擲槍
声:小野友樹
魏の将、文欽の息子。並外れた武勇を誇り、将来を嘱望されている。戦場での勇猛果敢な活躍は蜀の名将、趙雲を彷彿させると周囲に称えられたほど。

黄忠
得意武器:弓
声:川津泰彦
老いてますます盛んな弓の名手。その腕は百発百中を誇り、武人の苛烈さと、老境に達した者がまとう、独特の無邪気さを持っている。

賈詡
得意武器:鎖鎌
声:石川英郎
曹操と対立していた張繍に仕えているとき、知謀を巡らせて曹操を追い詰めた。その後、曹操にその才を買われた賈詡は彼に登用され、的確な献策で評価された。

練師
得意武器:弩
声:神田朱未
零落した豪族、歩隲の娘。美しい外見とは裏腹に、並外れた武芸の才を持つ。その腕を買われて、孫堅の娘である孫尚香の護衛を務めるようになった。

※詳しくは週刊ファミ通2月7日号(2013年1月24日発売)をチェック!!


真・三國無双7
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 PS3プレイステーション3
発売日 2013年2月28日発売予定
価格 7560円[税込]
ジャンル アクション / 歴史
備考 PS Store ダウンロード版は6600円[税込]、TREASURE BOXは13440円[税込] プロデューサー:鈴木亮浩、 開発:ω-Force

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
※画面は開発中のものです。