バンダイナムコゲームスは、2012年12月20日に発売したプレイステーション・ポータブル/PlayStation Vita用ソフト『AKB1/149恋愛総選挙』が発売初日に25万本を出荷し、シリーズ累計出荷本数が100万本を突破したことを発表した。

●AKBがゲームでもミリオン達成!?

 バンダイナムコゲームスは、2012年12月20日に発売したプレイステーション・ポータブル/PlayStation Vita用ソフト『AKB1/149恋愛総選挙』が発売初日に25万本を出荷し、シリーズ累計出荷本数が100万本を突破したことを発表した。

 『AKB1/48』シリーズプロデューサー広野啓氏からのコメントは以下の通りだ。

■『AKB1/48』シリーズプロデューサー広野啓氏のコメント
この度、「AKB1/48」シリーズが累計出荷本数100万本を突破しました。本シリーズの企画は2009年から開始し、これまでの恋愛ゲームとはまったく異なる「アイドルをフル」というコンセプトが多くの皆様に受け入れられました。2010年に1作目を発売し、翌年2011年の第2弾、そして2012年の最新作第3弾で累計出荷本数100万本を突破と、非常に力強い大きなシリーズ作品へと成長することができました。ここまでこれましたのも、応援いただきました皆様、またご協力いただきました皆様、そして何よりAKB48グループのメンバーならびにスタッフの皆様のおかげだと思っております。これからもより多くの方々に喜んでいただけるタイトルを世に送りだせるよう日々精進するとともに、新しい仕掛けにもチャレンジしていきたいと思っておりますので、引き続き応援のほど宜しくお願いいたします。

 以下、詳細をリリースより抜粋する。


 株式会社バンダイナムコゲームスが2012年12月20日に発売した『AKB1/48(エーケービーヨンジュウハチブンノイチ)』シリーズ最新作、PSP(R)(PlayStation(R)Portable)/PlayStation(R)Vita用ゲームソフト「AKB1/149(エーケービーヒャクヨンジュウキュウブンノイチ)恋愛総選挙」が、発売初日に25万本を出荷。これにより、シリーズ累計出荷本数が100万本を突破しました。
 『AKB1/48』シリーズはこれまでに2作品を発売。2010年に発売した第1弾タイトル「AKB1/48アイドルと恋したら…」、2011年に発売した、常夏のリゾート・グアムを舞台に、水着姿のメンバーの告白でドキドキ感を増した第2弾タイトル「AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら…」は、それぞれ出荷本数40万本を記録しています。
『AKB1/48』シリーズは、国民的人気アイドルグループ「AKB48」のメンバー48人が登場し、“47人をフッて1人を選ぶ”「究極の恋愛妄想ゲーム」です。メンバー全員がプレーヤーのことを好きな状態でスタートし、メンバーからの告白を“フッて、フッて、フリまくる”という今までにないコンセプトが、多くのお客様に支持されています。

■「AKB1/149恋愛総選挙」がギネス世界記録を樹立
最新作の「AKB1/149恋愛総選挙」は、「AKB48」に加え「SKE48」「NMB48」「HKT48」の4グループ、総勢149人を収録。2012年12月6日に、「Most pop singers featured in a video game」=「最も多くのポップシンガーがフィーチャーされたビデオゲーム」というカテゴリーでギネス世界記録を樹立いたしました。