『バイオハザード6』の楽しみかたを広げてくれる機能アップデート第2弾が配信決定、DL版も発売に

カプコンのプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『バイオハザード6』の機能アップデート第2弾が配信決定。配信予定日は2013年1月22日で、価格は無料となっている。

●配信予定日は2013年1月22日

 2012年12月17日より無料アップデートが配信された、カプコンのプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『バイオハザード6』。同作の楽しみかたを広げてくれる、さまざまな機能が追加される機能アップデート第2弾が早くも配信決定。配信予定日は2013年1月22日で、価格は無料となっている。


BIOHAZARD 6_picture_121024_Ada_coop_010ps3.jpg

▲機能アップデート第1弾では、エイダ編のCO-OPモードが実装されるほか、カメラ調整機能、最上位難易度“NOHOPE”が追加される。

【機能アップデート第2弾の概要】

(1)エージェントハント開放&セッション検索機能強化
エクストラコンテンツ“エージェントハント”が本編のストーリーをクリアーしなくても、初めからプレイできるようになる(※)。また、エージェントハントのセッション検索条件がより細やかに設定可能になり、乱入先の無限弾の有無や特定のステージでの検索など、プレイヤーの好みに応じて、詳細に絞り込むことが可能となる。

※選択できるステージはクリアー済ステージのみとなります。

<新たに追加される検索機能>
・SCENARIO SELECT(ステージ検索)
・LOCATION SETTINGS(国と地域検索)
・COMMENT SETTINGS(乱入先のプレイスタイルの検索)
・ATTACK REACTION(乱入先のフレンドリファイア設定の有無検索)
・INFINITE AMMO(乱入先の無限弾の設定有無の検索)


BIOHAZARD 6_picture_8th_hunt360_0007.jpg AH_PS3_Jap.jpg AH_PS3_Jap_01.jpg

(2)CHAPTER SELECTの機能強化
本作では、プレイヤーがクリアーしたチャプターをチャプター単位で選択できるようなっているが、この機能アップデートによって、1-1、1-2など、より詳細な単位でプレイスタート場所が選択できるようになる。クロスオーバーの起こる直前の場所を選んだり、エージェントハントの対象となる場所を選んで、ほかのプレイヤーが操作するクリーチャーを迎え撃ったりと、楽しみかたを広げてくれる。


Room_PS3_Jap.jpg

(3)“オートアクションボタン”のオプション機能を追加
オプションの項目に“オートアクションボタン”が追加される。この項目をONにすると難易度“AMATEUR”に搭載されているアクションボタンのサポート機能(アクションボタンを自動的に入力⇒自動的に成功など)が全難易度に対応するようになる。どうしてもイベントがクリアーできないプレイヤーや、コントローラ操作を少なくして、ストーリーに没頭したいプレイヤーに打ってつけの機能となっている。

※一部のアクションボタンについてはサポートの対象外となります。


Option_PS3_Jap.jpg アクションボタン_PS3.jpg

●ダウンロード版も配信決定

 『バイオハザード6』のダウンロード版も発売決定。プレイステーション3版は2013年1月8日より、Xbox 360版は2012年12月21日より、それぞれ販売価格6400円[税込]で配信が開始される。まだ触れていないプレイヤーはこの機会にぜひ、『バイオハザード6』の世界を楽しんでほしい。


BIOHAZARD6 ps3jpg.jpg 360BH6_KeyArt.jpg


(C)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED