『ファイナルファンタジーXIV』最終セーブ後の世界2日目の様子をリポート エオルゼアが大変なことに!

2012年11月1日に現行版の最終セーブが行われた『ファイナルファンタジーXIV』。現在エオルゼアの様子はどうなっているのか? 2日目の様子をリポートする。

●エオルゼアは、阿鼻叫喚のお祭り状態!

 2012年11月1日に現行版の最終セーブが行われた『ファイナルファンタジーXIV』。グランドフィナーレを迎えるのは11月11日だが、これに向けて徐々に世界の様子も変化していくようだ。現在エオルゼアの様子はどうなっているのか? 2日目の様子を撮影してきたのでお届け。

▲急速接近中のダラガブ。これが墜ちたときエオルゼアが……。

▲空には常時雷鳴が轟き、帝国軍の戦艦も低空飛行を続けている。

▲街にモンスターが攻めてくる! ということで、有志が集い防衛線を張る。写真はウルダハの正門前にできた、グゥーブーの壁!(あんまり意味はない)

▲高レベルモンスターが街に侵攻! なんとか食い止めようと一丸となって立ち向かう冒険者たち。

▲敵がハンパなく強いため、蹂躙される冒険者たち。市街戦になりそうだ……。