世界のアマチュア、プロのゲームクリエイターに開かれたプラットフォームPlayStation Mobileが本日ローンチ!

“PlayStation Mobile”の専用コンテンツが本日2012年10月3日から配信。SCEJでPlayStation Mobileのファーストパーティ、およびサードパーティの両コンテンツを統括しているSVP 桐田富和氏に、同プラットフォームの魅力やプロジェクトの目的などについて伺ったインタビューをお届けする。

●サンデープログラマーも参加できるプレイステーション

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、ゲーム機だけでなく、PlayStation Certifiedデバイス(Xperia. arcや“Sony Tablet”Sシリーズ、HTCのデバイスなど)にもプレイステーションの世界を拡大する新たなプラットフォーム“PlayStation Mobile”の専用コンテンツを本日2012年10月3日から配信する。ローンチタイトルは27本。本記事では、その27本のコンテンツからソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンから配信される『みんなのゲーム』と『クルトン』を紹介。

 さらに、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンでPlayStation Mobileのファーストパーティー、およびサードパーティーの両コンテンツを統括しているSVP 桐田富和氏に、PlayStation Mobileの魅力やプロジェクトの目的などについて伺ったインタビューもお届けしよう。

■みんなのミニゲーム

 PSP用ソフト『みんなのスッキリ』から“本並べ”や“パイ投げ”、“クロンダイク”、“ビデオポーカー”、“ブラックジャック”が収録。直観的なタッチパネル操作で装いも新たに生まれ変わった“本並べ”や“パイ投げ”は、PlayStation Mobileならではのハイクオリティな定番ゲームが楽しめる。価格は各300円[税込]、3ゲーム700円[税込]、5ゲーム1000円[税込] 。

■クルトン

 人気アクションパズル『クルトン』が、お手軽価格で登場。ルールは簡単、1~4の数字のキューブを回転させ、同じ数字を正方形に揃えるだけ。シンプルなルールとコンボの爽快感はやみつき必至! “タイムアタックモード”、“エンドレスモード”、“パズルモード”3つのモードを搭載。500円[税込]。
※PS3版およびPSP版と仕様が異なります。ゲームモードはすべて収録されていますが、ボイスやデモは収録されていません。


ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン SVP 桐田富和氏。過去に“ゲームやろうぜ”などのプロジェクトも手掛ける。

――2012年10月3日にPlayStation Mobileの専用コンテンツがPlayStation Storeで配信されますが、ローンチを控えたいまのお気持ち、手応えをお聞かせください。

桐田富和氏(以下、桐田) どれだけのタイトルを揃えられるか心配ではあったのですが、27タイトルを揃えることができ、しかも、ユニークなタイトルが多く、ローンチがすごく楽しみだな、というのが率直な感想です。そのうち、国内のタイトルはサードパーティー様を含めて12タイトル。プレイステーションクオリティのコンテンツを楽しみにしている方々には、いい形でローンチできるのではないかと、非常にワクワクしています。

――27タイトルのなかで、桐田さんお気に入りのコンテンツがあれば教えてください。

桐田 そうですね……個人的には、もともとPCで発売されていた『Eufloria(ユーフロリア)』(発売元:ピグミースタジオ、850円[税込])はアーティスティックな匂いのするコンテンツで、空き時間にプレイしても楽しいですし、じっくりとやり込むこともできて、ついついハマってしまいましたね。『XI[sai]』を作ったshiftが手掛けたパズルゲームの『Magic Arrows(マジックアロー)』(発売元:ハムスター、500円[税込])も頭を使うパズルゲームとしてよくできていました。あとは『Wipe!(ワイプ!)』(発売元:有限会社シンク、150円[税込])。テーブルを拭いていくというものすごくバカバカしいゲームなのですが(笑)、そのなかに戦略性もあって非常に楽しいですよ。

――一般の個人からでもコンテンツを制作できる、“開かれたプラットフォーム”がPlayStation Mobileの特徴でもありますが、ローンチの27タイトルは、デベロッパーを含む、ゲームメーカーということになるんでしょうか。

桐田 はい。デベロッパー様の中には、パブリッシャーとして参入していただけたところもありますし、今後も楽しみです。

▲舞台は宇宙空間。物理学者フリーマン・ダイソンが提唱した、宇宙で成長することができる彗星上の植物「ダイソンツリー」をモチーフとした作品。シンプルな円で示された惑星と、植物の種子のような「シード」と呼ばれる兵士を育てて、勢力を拡大。各ステージのミッションをクリアーしていこう。

▲パネルにタッチして動かし、同じ色のパネルを縦か横に3つ揃えて消滅させよう。連続して消せば高得点に、また縦と横を同時に消せば、虹色に輝く「マジックアロー」が登場する。ひたすら遊べるENDLESSモードのほか、PUZZLEモードも収録。

▲「レストランは清潔感が命!とにかく汚れたテーブルを片っ端からきれいにしてくれ!」。勝負はいかにスピーディーに店内のテーブルをワイプする(拭く)か。でも慌てると食器を壊してしまう。こびりついたシツコイ汚れ、ツルツル滑る油汚れ、汚れたちはなかなか手ごわい! あなたの「清潔度」や「きれい好き度」が試される!

――一般からの応募状況についての手応えはいかがですか?

桐田 PlayStation Mobile SDK(Software Development Kitの略。ソフトウェア開発キット)の正式版の提供を含む開発サポートプログラム“PlayStation Mobile Developer Program”の提供を、11月より開始するので、一般の方からのエントリーはそれ以降から始まるかと思いますが、オープンβ版のSDKのダウンロードはかなりの数に達していますので、手応えは感じています。我々は、いわゆるサンデープログラマーのような、ゲーム制作に興味がある一般の方々に参加してもって、新しくてユニークなコンテンツを作っていただきたいのです。そのために、安価な開発環境でコンテンツを制作できるようにしていますし。可能性が感じられるコンテンツであれば、ゆくゆくはプレイステーション Vita専用ソフトとして発売してもいいでしょうし、そういった道筋も作ってあげられるのではないかと考えています。

――そこはまさにコンシューマーのプラットフォーマーだからこそできる道筋ですよね。

桐田 そうですね。

――参入が発表されているサードパーティーは国内で46社(2012年8月15日現在)となっていますが、メーカーサイドからの反応はいかがですか?

桐田 先日の東京ゲームショウ2012前日のプレスカンファレンスでの発表と、実際に東京ゲームショウ会場でコンテンツの試遊台を出展したことにより、「興味があるので話を聞きたい」とお声をかけてくれたパブリッシャー様、デベロッパー様もいらして、徐々に認知されてきたのかなと感じています。

――PlayStation Mobileのコンテンツは、どちらかと言うとライトなゲームが多いという印象ですが。

桐田 はい。容量の制限も設けていますので、追加コンテンツなどを配信すればボリュームが増える可能性もありますが、基本はライトなコンテンツになると思いますし、限られた時間に遊ぶというスタイルがPlayStation Mobileコンテンツのよさだと考えています。

――コンテンツの価格は、現在のところでは、50円~850円という価格帯となっていますが、基本無料でアイテム課金、といったようなフリーミアムコンテンツでのエントリーも可能なのでしょうか。

桐田 ウェルカムです(笑)! 現在は、フリーミアムモデルに関してのシステム側のサポートが整っていないのですが、フリー to プレイのコンテンツは、PlayStation Mobileの視野に入っています。

――PlayStation Mobileのコンテンツは“ゲーム”以外のもの、たとえば実用的なアプリなどの開発、エントリーは可能なのですか。

桐田 可能です。タブレットやスマートフォンを使っている人、もちろんプレイステーション Vitaを使っている人にとっても、ユニークなアプリがどんどん出てきて欲しいですね。

――PlayStation Mobileのコンテンツはゲームにこだわってはない、と。

桐田 はい。

――お話を伺っていると、PlayStation Mobileはゲームもあって、今後、実用アプリなどもエントリーされるとなると、たとえばGoogle Play StoreやApp Storeなどのプラットフォームと同じようなイメージなのかなと感じるのですが。

桐田 コンテンツの品揃えということに関して言えば、それに近くなるかもしれません。

――そういったプラットフォームとPlayStation Mobileとでは、「ここが違う!」といったウリはどこになりますか?

桐田 ユーザー様にとっては、Sony Entertainment Networkアカウントを通して購入したコンテンツは、お手持ちのさまざまな携帯端末から、いつでもどこでもプレイステーションの世界を楽しんでいただけるので、非常に利便性が高いと思っています。作り手にとっては、作ったコンテンツを世界のSony Entertainment Networkユーザーに届けることができるというところは、大きなメリットではないでしょうか。

――Sony Entertainment Networkの登録は全世界で1億アカウントを超えているということですが、その1億以上のユーザーを対象に勝負できると。

桐田 そうです。

――桐田さんは過去に“ゲームやろうぜ”というユーザー参加開発企画を手掛けてこられましたが、PlayStation Mobileも、ある意味ではユーザー参加型のプロジェクトとも言えると思うのですが、“ゲームやろうぜ”などで培われた経験やノウハウがPlayStation Mobileの展開に役立った、という部分はありますか?

桐田 個人からのエントリーはこれからなので、何とも言えないのですが、さきほど挙げたタイトルの『Eufloria(ユーフロリア)』や『Magic Arrows(マジックアロー)』は、“ゲームやろうぜ”からお付き合いさせてもらっているデベロッパー様のコンテンツなのです。そういったメーカーさんに、PlayStation Mobileのローンチタイトルを用意していただけることになって、心強い思いでした。また、「素人でもゲームが作れる」という言いかたは語弊があるのですが、プレイステーションは、“ゲームやろうぜ!”でも“PlayStation C.A.M.P!でもそうですが、”アマチュアやセミプロの方々にゲームを作ってもらえる環境をこれまで提供してきたと、私個人は思っています。そういったことをなぜやるかと言うと、新しいクリエイターや新しい才能が加わらないと、新しいものは生まれてこないと思いますし、産業としても広がらず、大きくはなりません。「こんなのがゲームになるの?」というような尖ったものが出てくることによって、ふだんゲームをプレイしない人にも関心を持ってもらえる。そういった流れがプレイステーション、プレイステーション2のときにはあったと思いますし、それがプレイステーションのよさだとも思います。ただ、そういう“プレイステーションのDNA”が最近では、薄れつつあるのではないかとも感じていました。モバイル向けのライトなコンテンツでは、ユニークなものも作りやすいと思いますので、プレイステーションが持っているDNAをもう一回、活性化できればいいなと思っています。PlayStation Mobileを入り口として、プレイステーション Vitaやプレイステーション3、そして次世代機が出ることになれば、次世代機にも関心を持っていただければいいですね。

――ローンチが27タイトル、今後はどれくらいのペースで配信される予定なのですか?

広報 随時、です。海外からのエントリーもありますので……。

――気づいたらラインアップに並んでいるということもあると。ちなみに、PlayStation Mobileは、プレイステーション3には対応しないのでしょうか。

広報 さまざまな可能性を検討中です。

――PlayStation Mobileコンテンツをプレイステーション Vitaで遊ぶ場合は、方向キーなども使えるのですか?

桐田 方向キーが使えるコンテンツもあります。

――PlayStation Certifiedを取得しているデバイスは、HTCやソニーモバイルコミュニケーションズのXperiaシリーズ、ソニーのSony Tabletなどが、Android端末のみですが……。

桐田 Android OSだけにこだわっているわけではないです。

――なるほど。では、最後にPlayStation Mobileのローンチに向けひと言いただけますか?

桐田 PlayStation Mobileを成功させて、大手メーカー様にもコンテンツを提供していただきたいですね。また、これからゲーム業界でひと旗上げたいと思っている方が、個人でも制作可能なライトなコンテンツで、PlayStation Mobileにチャレンジしてほしいなと思います。ユーザーの方には、今後、ものすごくユニークなコンテンツが出てくるのは間違いないと思いますので、ぜひ期待していただければと思います。
(※2012年10月2日、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン社内にて)



(C)2012 Sony Computer Entertainment Inc.