ソニー・コンピュータエンタテインメントが、プレイステーション Vitaのシステムソフトウェアアップデートバージョン1.80を配信開始した。

●ビデオの可変速再生などにも対応

 ソニー・コンピュータエンタテインメントが、プレイステーション Vitaのシステムソフトウェアアップデートバージョン1.80を配信開始した。

 今回のアップデートでは、すでにお伝えしているように、PS Storeなどから初代プレイステーション規格のソフトウェアをダウンロードし、遊べるようになる。一部タイトルはPS Vitaに未対応とのことだが、以前にPSPやプレイステーション3用に購入したソフトが新たにPS Vitaに対応した場合、PlayStation Storeから再ダウンロードすることで、PS Vitaでプレイ可能になるという。

 そのほか、ビデオの可変速再生や、ミュージックでプレイステーション3やiTunesで作成したプレイリスト再生が可能に。nearでは、インターネットに接続できる環境がなくても定期的に周辺のWi-Fiアクセスポイントの情報を蓄積しておき、あとでネットに接続した際にまとめて位置データを取得するといった機能も実装されている。