”新生”で感じる新しい世界

 ドイツ・ケルンで2012年8月15日(現地時間)から開催されている欧州最大規模のゲーム見本市、gamescom 2012に合わせ、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の新たな画面写真とイメージアートが、スクウェア・エニックスより公開された。

 同作は2012年中のβテスト開始が予定されており、現行の『ファイナルファンタジーXIV』プレイヤーにとっても、いよいよ“新生”か、と期待を煽られる写真であることは間違いないだろう。今回公開された実機(PC)からのキャプチャー画像について、簡単な解説とともにお届けしよう。

 また、gamescom会場で催されたメディア向けステージの内容については、のちほどお届けする予定だ。

▲森フィールド、街から出てすぐの低レベル帯。トレントの苗木とヒューランの男。
▲装備切り替え中の装備ウィジェットとインベントリ。Gear Setのタブにより、設定しておいた装備に一気に切り替えられる。
▲チョコボと竜騎士。
▲竜騎士 vs. トレントなど。オレンジ色のネームがPCに対して敵対中のモンスターだ。
▲竜騎士のアビリティ、"ドラゴンダイブ"が炸裂。
▲竜騎士のウェポンスキル"桜花狂咲"が発動。
▲森にあるNPCによる訓練所。クエストNPCと会話中。
▲訓練所上部。カメラを最大に引いている。
▲チョコボでダンジョンに向かう。騎乗中だがジャンプしているのに注目。
▲森の中の宿。
▲崖の上から眺めた森フィールド。
▲戦士とチョコボとチョコボ牧場。
▲吟遊詩人の疾走。ここまで登場している森リージョンの別ゾーンだ。
▲森の奥にたたずむ十二神大聖堂。
▲PCキャラクター"エレゼン"男女の、未公開だった種族専用装備。
▲PCキャラクター"ララフェル"男女の、未公開だった種族専用装備。
▲PCキャラクター"ルガディン"男女の、未公開だった種族専用装備。
▲モンスター"セイレーン"のアートワーク。
▲モンスター"デスクロー"のアートワーク。
▲海リージョンにある、海賊の隠れ家。
▲海リージョンにある、造船所のNPC居住区エリア。
▲山と湖エリアにある遺跡集落。
▲山と湖エリアにある遺跡入り口。
▲山と湖エリアにある、破壊されたイシュガルド要塞。
▲蛮族の村。様式から想像するに……。
▲キキルン族の露店。
▲大地の橋。巨大な生物の骨らしきものが見える。