コーエーテクモゲームスより、2012年9月20日(木)発売予定のプレイステーション3用ソフト『真・三國無双6 Empires(エンパイアーズ)』。本作のメインとなる争覇モードの新要素、“名声”システムにより、自由な生き様が楽しめるように進化している。

●立場と生き様によるプレイ感の違いと成り上がる楽しみを体験

 コーエーテクモゲームスより、2012年9月20日(木)発売予定のプレイステーション3用ソフト『真・三國無双6 Empires(エンパイアーズ)』。本作のメインとなる争覇モードは、『真・三國無双5 Empires(エンパイアーズ)』で好評だった、在野から君主まで、さまざまな立場でプレイできるシステムに加え、新要素の名声システムにより、自由な生き様が楽しめるように進化している。ここでは、その名声システムについて紹介しよう。

■争覇モードの流れ
 『Empires』シリーズの大きな特徴である“政略”ではシミュレーションゲームの醍醐味を、“戦闘”ではアクションゲームの爽快感を楽しみながら、三国統一を目指す。

■争覇モードの特徴

【地位】
 "君主"、"軍師"、"在野の士"など、さまざまな立場でのプレイが可能。プレイヤーの立場により、使えるコマンドや役割が異なり、さまざまなアプローチで三国統一を目指すことが可能。「兵士や副将の身分から地道な出世を目指す」「仲間を集め、義勇軍として名を上げる」といった正道から、「舌先三寸で地方領主に取り入ってそそのかす」「裏切りを重ねて様々な勢力を渡り歩く」といった邪道まで、多種多様なプレイスタイルを楽しむことができる。

▲君主でのプレイ
▲軍師でのプレイ

■名声
 武将は、政略や戦闘で何をしたかにより、さまざまな名声を獲得し、武将の性格付けとなる名声レベルが変化。名声のタイプは武勇、知略など6種類あり、特定の行動をすることで対応する分野の名声値が上がり、一定量貯めることでその分野の名声がレベルアップする。名声レベルが上がると、対応する分野の秘計が使用できるようになるなどの恩恵がある。“戦場に出て名を上げる”、“仁君として民を守る”、“私服を肥やして財産を築く”など、善悪様々な活動の成果がキャラクターの成長に繋がるのだ。

・武勇 戦場で活躍するとよく増える。
効果:大将軍に就任しやすくなる。個人の戦闘能力を高める秘計が使えるようになる。

・知略 計略タイプの秘計などを、成功させるとよく増える。
効果:軍師に就任しやすくなる。計略・政略の標準的な秘計が使えるようになる。

・仁愛 民を助ける行動などでよく増える。
効果:捕虜を処断するなどで減る。仲間を得やすくなる。回復や義勇軍の出現など、民や仲間との絆による秘計が多い。

・財産 個人所有の財産を蓄える行動でよく増える。
効果:金銭収入を得やすくなる。投石拠点や兵器の建設など、費用が掛かる秘計が多い。

・規律 訓練や治安活動などを行うとよく増える。
効果:兵士数の上限が上がる。増援や援護射撃など、組織的な力を活かした秘計が多い。

・悪逆 捕虜の処断、裏切りなどの背徳的行為を行うと増える。
効果:収入を多めに得られるが、忠義の将などが減る。強力だが味方を酷使する計略、略奪など、卑劣な秘計が多い。

▲プレイの進め方により、悪逆の劉備、知略の鮑三娘といった、史実とは違う生き様が楽しめるのも本作の魅力。
▲名声のレベルが上がるにつれて、コマンドが増えていく。
▲秘計の提案:絶招秘計は自分が取得しているもの以外に、仲間から絶招秘計をもらえることがある。仲間を増やしていくことで、自分の名声以外の絶招秘計も使うことができ、戦術の幅が広がっていく。
▲武将の名声タイプによって選択できるミッションも変化。悪逆タイプであれば、商人を襲うようなミッションが多くなり、仁愛タイプであれば、困っている人の依頼を受けるようなミッションが多くなる。というように名声タイプの違いがプレイ内容に反映される。また、選択したミッションによってそれぞれの名声レベルが上がっていく。