ソニー・コンピュータエンタテインメントは、2012年6月4日(現地時間)、E3に先駆けてプレスカンファレンスを開催し、PlayStation Suite(プレイステーション スイート)の本格展開に向けて、名称を“PlayStation Mobile”に変更することを発表。また、PlayStation Certifiedライセンスプログラムに、新たにHTCが加わることを明らかにした。

●2012年後半よりいよいよ展開が加速する……?

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは2012年6月4日(現地時間)、E3に先駆けてプレスカンファレンスを開催し、PlayStation Suite(プレイステーション スイート)の本格展開に向けて、名称を“PlayStation Mobile”に変更することを発表。また、PlayStation Certifiedライセンスプログラムに、新たにHTCが加わることを明らかにした。
以下、詳細をリリースより抜粋する。


PlayStation.Certifiedライセンスプログラムに新たにHTCが参入
本格展開に向けてPlayStation Mobile「プレイステーション モバイル」に名称変更

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)がオープンなシステム上で 「プレイステーション」の世界を提供するPlayStation Suite「プレイステーション スイート」のPlayStation.Certifiedライセンスプログラム(※1)に、新たに台湾のHTC Corporation (HTC)が加わります。業界に先駆けてアンドロイドOS搭載の携帯型端末を発売した企業としてスマートフォン市場を切り拓いてきたHTCの参入により、SCEは、さらに多くのユーザーの皆様に「プレイステーション」の世界をお届けしてまいります。

「HTCは、常に革新的なユーザー体験を携帯端末で実現することを目指しており、HTC Oneシリーズをお使いの世界中の皆様に、SCEが提供する没入感のあるゲームの世界がもたらす感動的なエンタテインメント体験を新たにお届けします。」
(HTC チーフ・プロダクト・オフィサー 小寺 康司)

また、2012年後半に開始を予定しているPlayStation Storeからの配信に向け、専用コンテンツの開発を加速してまいります。すでに参入を表明していただいているソフトウェアメーカー各社様および様々な国や地域のコンテンツ開発者様に加え、SCEワールドワイド・スタジオ(SCE WWS)でも数々の魅力的なタイトルの開発を進めています。
多様な携帯型端末で、より多くのユーザーの皆様が手軽に「プレイステーション」ならではのコンテンツをお楽しみいただける世界のさらなる拡大を目指して、SCEは、PlayStation Suiteを新たに1つのプラットフォームとして位置づけ、その名称を本日よりPlayStation Mobile「プレイステーション モバイル」に変更します。

SCEは、今後もPlayStation.Certifiedデバイスの拡充を進めるとともに、コンテンツ開発を強力に支援し、PlayStation Mobileを通じて、オープンなシステム上でのエンタテインメント体験の普及を推進してまいります。

PlayStation Mobileについて
PlayStation Mobileは、没入感のある「プレイステーション」のゲーム体験と、PlayStation.Certifiedデバイスで遊ぶことのできる手軽さを組み合わせることにより、新たな可能性を提案します。ユーザーの皆様は、PlayStation Storeの快適なユーザーインターフェースを通じて、ストレスなくコンテンツをご購入いただけます。また幅広い層の開発者の皆様に、プレイステーションならではのゲームを手軽に開発していただくことを可能にする開発環境を提供してまいります。PlayStation Mobileの世界は、PlayStation Vitaでもお楽しみいただけます。

※1 PlayStation Mobile推進のためのライセンスプログラム。ロゴの提供を始め、開発協力を積極的に支援。2012年6月5日(火)現在、PlayStation.Certifiedを取得しているのは、HTC CorporationのHTC One. X、HTC One. S、HTC One. V(これらのHTC製デバイス上では、正式版のPlayStation Mobile SDKを使用して作成されたコンテンツを2012年後半からお楽しみいただけます)、ソニーモバイルコミュニケーションズのXperia. arc、Xperia. acro、Xperia. PLAY、Xperia. acro HD、Xperia. S(日本モデル名:Xperia. NX)、Xperia. ion、Xperia. acro Sおよび 、ソニー 株式会社の“Sony Tablet” Sシリーズ、“Sony Tablet” Pシリーズ。販売エリアは、機種によって異なります。

※「PlayStation」および「プレイステーション」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標または商標です。Android、アンドロイド は、Google Inc. の商標です。「Xperia」は、Sony Mobile Communications AB の登録商標または商標です。"Sony Tablet"はソニー株式会社の商標です。その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

参入ゲームソフトウェアメーカー
2012/06/05現在
(社名五十音・アルファベット順 /敬称略)

<日本>
アークシステムワークス株式会社
株式会社アートディンク
アイディアファクトリー株式会社
株式会社アクワイア
株式会社アスガルド
株式会社アスキー・メディアワークス
アソビモ株式会社
株式会社イメージエポック
株式会社インデックス
株式会社エイタロウソフト
NCM Entertainment Corporation / Forever Entertainment S.A. Group.
株式会社エンターブレイン
株式会社ガスト
株式会社角川ゲームス
株式会社角川書店
面白法人カヤック
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
キューエンタテインメント株式会社
ゲームロフト
株式会社コーエーテクモゲームス
株式会社サイバーフロント
株式会社サクセス
株式会社ジースタイル
有限会社シンク
株式会社スパイク・チュンソフト
株式会社セガ
株式会社ディースリー・パブリッシャー
株式会社日本一ソフトウェア
株式会社ネクスエンタテインメント
株式会社ハムスター
株式会社ピグミースタジオ
株式会社フロムソフトウェア
株式会社マーベラスAQL
株式会社MAGES.

<欧州>
Atomicom Ltd.
Beatnik Games Ltd.
Big Head Games Ltd.
Crash Lab Ltd.
Futurlab Ltd.
Green Hill
Honeyslug Ltd.
Icon Games Entertainment Ltd.
Omni Systems Ltd.
Origin8 Technologies Ltd.
Playerthree Ltd.