『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』アーシャと仲間たちが織り成すイベントの数々を紹介

ガストのプレイステーション3用ソフト『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』の最新情報をお届け。今回は、新たなキャラクターふたりと、これまで紹介してきたキャラクターにまつわるイベントの数々を紹介。

●小さなキャリアウーマンと温和な好事家が新登場

 ガストのプレイステーション3用ソフト『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』(2012年6月28日発売予定)。錬金術を駆使し、さまざまなアイテムを作り出す少女・アーシャの旅路が描かれる本作の最新情報をお届け。今回は、新たなキャラクターふたりと、これまで紹介してきたキャラクターにまつわるイベントの数々を紹介する。

小さな身体に大きなガッツを秘めた駐在員
マリオン・クィン
声:植田佳奈
年齢:22 血液型:A型 身長:150センチ
職業:遠方から来た駐在員

この地方ではない遠方にある大きな街からはるばる派遣されてきている、下っ端の駐在員。この地方の遺跡などの記録作成と、資源調査が任務となっている。

上司からたびたび無茶な指示命令が届くのを、ぶつくさ言いながらもやる気をもって遂行しており、根っからの真面目気質である。口は悪いがガッツ満載のキャリアウーマンといったところ。

薬草園の調査任務からアーシャと知り合いとなり、その後何かと調査の依頼をしつつ、アーシャにさまざまな情報を提供してくれるようになる。

▲見た目とは裏腹に、かなり強気な性格らしいマリオン。誰かと言い争いをしているようだ。

▲仕事一筋に生きる悲しき地方のお役人。アーシャにその苦労は伝わるのだろうか。

▲マリオンはアーシャのことを何かと気にかけてくれる。

▲誰に対してでも分け隔て無く接するマリオン。自分の非を認め、アーシャに謝罪をしている様子。

▲この地方には、遺跡調査とともにある男の行方を追ってきたらしい。その男とは、アーシャも知っている人間のようだが……。

街の有力者にして稀代の好事家
ハリー・オルソン
声:真殿光昭
年齢:36 血液型:O 身長:175センチ
職業:ハリー商会経営者兼好事家

フィルツベルクの自治会に大きな影響力を持つ商会の現経営者。錬金術の力で繁栄していたという前時代に対して多大なる興味と関心、収集癖を持つ。前時代に関するさまざまなトンデモ知識を独学で学んでおり、その内容は嘘か誠か判断のつかないものばかりだが、湯水のように湧き出る言葉は、彼の前時代に対する造詣の深さを物語っている。

金銀財宝には目もくれず、前時代の遺物を始めとして、ふつうの人にはなんの価値もないガラクタばかりを収集している。

性格は温厚で、典型的な“とっちゃん坊や”。基本的にどんな人に対しても好意的で、アーシャのことも手助けしてくれる。

▲大きな街の有力者であるハリーは、ある催し物の主催者らしい。

▲フィルツベルクの高台で一息つくハリー。彼の想い出の場所のようだ。

▲堂々とした立ち振る舞いでアーシャを迎えるハリー。

▲世界の珍品や骨董品をこよなく愛する好事家。特に何の役にも立たない珍品がお気に入り。

▲アーシャの持ってきた品を吟味するハリー。このときばかりは鋭い眼光で真贋を見極める?

●各キャラクターのイベントを紹介!

アーシャのイベント

▲ある花の情報を追って、廃村へやってきたアーシャ。そこにはいなくなったはずの村人たちの姿が…?

▲その中には失踪した妹・ニオの姿も! 久しぶりの再会となるのか、はたして……?

▲珍しい調合の材料を前に考え込むアーシャ。新しいレシピを考案中?

▲行方不明になったニオの居場所を知る手がかりが、世界のどこかにあると信じている。

ウィルベルのイベント

▲バザールでお店を開いているウィルベル。彼女の扱う品は珍しい魔法のアイテムばかり?

▲よく笑ってよく怒る。こうして見るとふつうの女の子だ。

▲小さくても態度は一人前。4歳年上のアーシャにも対等に接する。

▲アーシャにおねだり中。“欲しいものは人からもらえ”がモットーらしい?

レジナのイベント

▲発掘屋をしているレジナは、遺跡の情報にも通じている。ここは巨大モンスターの亡骸の眠る場所らしい。

▲つるはしを片手で軽々と抱えるレジナ。筋肉のつきすぎには気をつけているとか。

▲家事は得意。大家族で兄弟の面倒を見て育ったためか?

▲最近は疲れがなかなか取れないとお悩みの様子。調合で何とかしてあげるしかない?

ユーリスのイベント

▲遠くの空を飛ぶドラゴンを見つめるユーリス。ドラゴンを狩ることが彼の悲願だ。

▲無口で長身なためか、周囲の人間からは恐れられているらしい。本人にも自覚がある模様。

▲何やらムキになるアーシャを前にとぼけるユーリス。歳の近い妹がいるせいか、アーシャとは簡単に打ち解けたようだ。

▲一族の記憶に想いを馳せる。彼の人生は掟に縛られすぎているようにも見える。

キースのイベント

▲つねに思考の回路を巡らせているキースにとって、アーシャはときに疎ましい存在のようだ。

▲論理的に自らの主張を展開するキース。それは誰が相手であろうと変わらない。

▲珍しく失態を見せると思ったら、燃料(タバコ)切れになってしまったらしい。

▲過去の錬金術に対して、並ならぬ熱意と敵意をあわせ持つキース。彼の真の目的は一体……。

●限定版『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~プレミアムボックス』情報

 縦13.5センチ×横17戦地×厚み3戦地のオリジナルフォトフレームの中に、特製イラストが飾られている“特製イラストフレーム”。また、その後ろに、黄昏の大地にある街で見られるチラシ・広告、モンスター生態書、観光パンフレットがまとめられた“世界観イラストブックレット”が入っている。


アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~
メーカー ガスト
対応機種 PS3プレイステーション3
発売日 2012年6月28日発売予定
価格 7140円[税込]
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ディレクター:岡村佳人、キャラクターデザイン:左、プレミアムボックスは10290円[税込]

(C)GUST CO., LTD. 2012 ※画面は開発中のものです。