『アトリエ』シリーズ最新作『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』主人公は行方不明の妹を捜す少女アーシャ

ガストから2012年6月28日に発売予定のプレイステーション3用ソフト『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』。本作のキャラクターやストーリー、基本システムを紹介。

●黄昏の大地で、錬金術士の約束の物語が幕を開ける!

atelier/00logo.jpg
atelier/01.jpg

 ガストを代表するRPG『アトリエ』シリーズの最新作、『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』が発表! プレイステーション3で、2012年6月28日発売予定だ。ここでは、主人公アーシャとその妹ニオ、冒頭のストーリー、錬金やバトルなどのゲームシステムを紹介する。

■ストーリー
幾度めかの黄昏の時代が始まり、再び何度めかの慎ましやかな生活が取り戻されつつある世界の、とある一地方。
そこには、国家のような統治された組織はないものの、人々が手を取り合って暮らしていた。

その中に、人里離れたアトリエで薬を作って生計を立てている、ひとりの女の子がいた。
彼女の名前はアーシャ。

以前は祖父と妹と3人で暮らしていたが、数年前に祖父が他界した後、妹も行方不明となってしまい、今はペットの“うし”がいるだけで、天涯孤独の身となっている。

妹がいなくなってからしばらくは失意の底にいたが、祖父の頃から取引している旅の商人の協力もあり、新たな生きがいを見つけ、立ち直ることに成功するのだった。
そして、哀しみの記憶も少しずつ薄れ始めていたころ。

いつものように薬の材料を探して、アトリエ近くの遺跡に出掛けたアーシャは、そこで、いなくなったはずの妹の姿を見かけることになる。
妹が生きていて、世界のどこかにいることを知ったアーシャは、すぐさま妹を探すために旅立つことを決意する。

手がかりなんて何もないし、何をすればいいかもわからない。
ただ、
この世界のどこかで、妹と再会できることだけを信じて。


■キャラクター紹介
アーシャ・アルトゥール
声:井上麻里奈
年齢:17 血液型:A 身長:157センチ
職業:薬士、のちに錬金術士

人里離れた平原にぽつんと建ったアトリエに、ひとりで住んでいる女の子。平原に生えた薬草や珍しい植物を採り、薬を作って生計を立てている。数年前に行方不明になった妹が生きていることがわかり、妹を捜して黄昏の世界を巡るたびに出ることを決意する。


atelier/02アーシャ.jpg atelier/03アーシャ3Dモデル.jpg

3Dモデル

atelier/04.jpg atelier/05.jpg

ニオ・アルトゥール
声:伊瀬茉莉也
年齢:13 血液型:A 身長:148センチ
職業:家事手伝い

アーシャの妹。数年前に、アトリエの近くの遺跡で行方不明となる。姉思いの妹で仲もよく、毎日のように薬の材料の採集を手伝っていた。行方不明となったのも、ひとりで薬草の採集に出かけていたときのことだった。その後何の手がかりもなく時間だけが過ぎ、アーシャが悲しみからようやく立ち直りかけてきたころに、世界のどこかで生きていることが判明する。


atelier/06ニオ.jpg atelier/07ニオ3Dモデル.jpg

3Dモデル

atelier/08.jpg atelier/09.jpg

■黄昏の世界
形なきこの世の理を体系化し、学問として形を成したもの。それが、この世界における錬金術だ。
錬金術の万能の力はあまねく地上に行き渡り、人類はその繁栄を極めた。

……それからはるか後世。栄華の時代は過ぎ去り、人々は錬金術を忘れてしまった。
前時代の遺産から途切れ途切れに得られる恩恵も次第に枯渇していく。ゆっくりとした滅びを待つばかりの、どこか長閑さすら感じさせる、人類の黄昏の時代。それが、『アーシャのアトリエ』の物語の舞台となる時代だ。


atelier/11アルトゥールの薬草園.jpg atelier/12アルトゥールの薬草園内部.jpg atelier/13リーゼンガング.jpg

アルトゥールの薬草園

アルトゥールの薬草園内部

リーゼンガング

atelier/14.jpg atelier/15.jpg atelier/16.jpg

■黄昏れた世界を表現したグラフィック


atelier/17.jpg atelier/18.jpg

▲アーシャのアトリエ。ここから彼女の物語が始まる。

▲外見だけではなく、内部の作り込みも前作以上に強化。

atelier/19.jpg atelier/20.jpg

▲アルトゥールの薬草園。薬士のアーシャはここで材料を調達するのだろうか。

atelier/20b.jpg

▲草木などのオブジェクトも繊細に。黄昏をテーマにした壮大なフィールドを歩き回ろう。

■新拡張システム“想い出を紡ぐ”
本作で新たに導入される拡張システムが、“想い出を紡ぐ”システム。アーシャは、ストーリーの中で発生するさまざまな事象に対して、日記を書くことで自らの記憶を振り返り、その過程で、人として成長していくことになる。

また、本作には、これまでのシリーズ作品にあったような「何年以内に目標を達成する」といった、システマチックな目標がない。主人公の目的はただひとつ、「行方不明になった妹と再会する」こと。

さまざまな状況で提示される選択から答えを探し出すことで、物語が進んでいき、目的の達成に近づいていくことになる。


atelier/21a.jpg

■戦闘システム
前作『メルルのアトリエ~アーランドの錬金術士3~』でも採用されていたコストターン戦闘をさらに拡張。また、移動にコストの概念が追加され、敵との位置関係が戦略に影響するように。


atelier/21.jpg atelier/22.jpg
atelier/23.jpg atelier/24.jpg

▲爆弾“フラム”で敵を攻撃。

atelier/25.jpg atelier/26.jpg

■調合システムの再構築
シリーズの特徴である調合システムは、“結果”だけでなく、“過程”を楽しむものへと進化。材料の吟味や思考など、調合の前段階に掛かっていたコストを圧縮し、その分、調合の過程を楽しめるように再構築したという。


atelier/27.jpg atelier/28.jpg
atelier/29.jpg atelier/30.jpg

■世界を探索
街や遺跡などのフィールド間の移動は、マップで行う。この黄昏の大地にあるさまざまな街では、世界各地の特産品を売ってくれるバザールや、珍しいアイテムを持ちより評価を競い合う品評会など、この世界に生きる人々の息遣いが感じられる催しが行われている。世界を旅し、さまざまな場所を訪れ、恩恵を得よう。


atelier/31.jpg
atelier/32.jpg atelier/33.jpg

●数量限定版・予約特典・オリジナルサウンドトラック情報

 ここでは、本作の数量限定版・予約特典・オリジナルサウンドトラックの情報を公開。まだ詳細は明かされていないが、楽しみに待とう。

■『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~プレミアムボックス
2012年6月28日発売予定
価格:10290円[税込]

■『アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~』予約特典
オリジナルドラマCD

■サウンドトラック
「アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~ オリジナルサウンドトラック」
2012年6月27日発売予定
価格:3675円[税込]

■ボーカルアルバム
「- Twilight Hour - アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~ ボーカルアルバム」
2012年6月27日発売予定
価格:2415円[税込]




(C)GUST CO., LTD. 2012
※画面は開発中のものです。