『機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY』新たなミッションや機体を公開

プレイステーション・ポータブルで人気を博した『ガンダムバトル』シリーズの流れを汲む本作。登場作品が『SEED』シリーズになり、すべてが一新されている。今回は、原作を再現した数々のミッションや、プレイヤーが操れる登場機体をピックアップしてお見せする。そのほか、さらに進化を遂げたゲームシステムも紹介。

●さまざまな機体で原作ミッションに挑め

 プレイステーション・ポータブルで人気を博した『ガンダムバトル』シリーズの流れを汲む本作。登場作品が『SEED』シリーズになり、すべてが一新されている。今回は、原作を再現した数々のミッションや、プレイヤーが操れる登場機体をピックアップしてお見せしよう。そのほか、さらに進化を遂げたゲームシステムも紹介。

●ミッション紹介

<オーブ解放作戦>
『機動戦士ガンダムSEED』で描かれたシナリオの再現。地球連合軍とオーブが総力戦を行うのだ。強敵が多いため、きびしい戦いになるだろう。

<ステラ>
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のミッション。ここでは、ステラが操る超巨大モビルスーツ“デストロイガンダム”が、敵として出現する。

<残る命散る命>
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のシナリオを再現したミッション。苦戦するミネルバの前に、キラのフリーダムガンダムが現れ……!?

<選ばれた未来>
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の最終話がベース。ストライクフリーダムとインフィニットジャスティスが、ミーティアを装備して出撃!!

<アクタイオン・プロジェクト>
『機動戦士ガンダムSEED C.E.73STARGAZER』を題材にしたミッション。エース用として開発された、ストライクノワール、ブルデュエル、ヴェルデバスターの実力やいかに?

●機体紹介

<ストライクフリーダムガンダムミーティア>
ストライクフリーダムガンダムが、ミーティアを装備した状態。

<インフィニットジャスティスガンダムミーティア>
インフィニットジャスティスガンダムが、ミーティアを装備した状態。

<レイダーガンダム>
地球連合軍が開発したガンダムのひとつ。フォビドゥン、カラミティともに、3機ひと組で行動する。

<フォビドゥンガンダム>
地球連合軍が開発したガンダムのひとつ。ゲシュマイディッヒパンツァーでビームを偏向し、攻撃や防御ができる。

<カラミティガンダム>
地球連合軍が開発したガンダムのひとつ。多数の射撃武器による、射撃支援を得意とする。

<ブルデュエル>
デュエルガンダムをベースに、改修を加えた機体。白兵戦に特化している。

<ヴェルデバスター>
バスターガンダムをベースに、改修を加えた機体。射撃戦のほか、近接戦闘もこなせる。

<セイバーガンダム>
戦闘機型モビルアーマーに変形できる高機動のモビルスーツ。

<ウィンダム(ネオ専用)>
ネオ・ロアノーク専用のウィンダム。高い機動性を発揮する。

●システム紹介

<再出撃>
再出撃は、いままでの『ガンダムバトル』シリーズにはなかった新要素のひとつ。一度機体が撃墜されても、もう一度出撃できる。再出撃の回数は機体性能(コスト)で変わり、コストの低い機体ほど多い。カスタマイズで機体を強くすると、回数が減る場合もある。

<武装変更・リロード>
本作は、画面右上のアイコンに触れるだけで、素早く武器を持ち換えられる。武器の弾は“残弾数/最大装填数”で表示され、その下に総弾数が表示されている。残弾を撃ち切るとリロードされて総弾数が減り、総弾数がゼロになった際はコンテナから補給する必要がある。

 
 
※詳しくは週刊ファミ通2012年3月15日号(2012年3月1日発売)をチェック!


機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY
メーカー バンダイナムコゲームス
対応機種 PSVPlayStation Vita
発売日 2012年春発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション / アニメ・ロボット
備考 無線LAN機能(アドホックモード)対応、開発:アートディンク

(C)創通・サンライズ
※画面は開発中のものです。