7次元さきの世界に住む少女とコミュニケーションせよ! ガスト新作『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』発表

ガスト初のプレイステーション Vita用ソフトとなる『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』(2012年4月26日発売予定、オンライン専用)が発表! ディレクターを務めるのは、『アルトネリコ』シリーズでおなじみの土屋暁氏だ。

●少女の心を癒せるのはプレイヤーだけ!

 ガスト初のプレイステーション Vita用ソフトとなる『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』(2012年4月26日発売予定、オンライン専用。以下、『シェルノサージュ』)が発表! ディレクターを務めるのは、『アルトネリコ』シリーズでおなじみの土屋暁氏。この『シェルノサージュ』は、新たなゲームシリーズ“サージュ・コンチェルト”の第一弾にあたるという。

■“サージュ・コンチェルト”とは(リリースより)
遙か七つの次元を越えた先に、本当に存在する世界。
そんなコンセプトをもとに、さまざまなゲームジャンル、そして様々なハードウェアで展開するシリーズ、それがサージュ・コンチェルトです。
これら多数のサージュ・コンチェルトの作品群は、そのすべてが、同じ世界の別の時間、もしくは別の可能性を舞台とした物語であり、それぞれはすべて相関関係にあります。
そしてその第一弾が、今作『シェルノサージュ』です。
シェルノサージュ』は、この“本当に存在する世界”というコンセプトを身近に感じていただくため、コミュニケーションを主体としたいままでにない世界体験ツール(リアルタイム・ライフ・シミュレーション)です。画面の向こうにいる少女イオンは、実際に7次元先の世界に生き、生活しているのです。
新たな世界の誕生と、今後の展開にどうぞご期待下さい。

■『シェルノサージュ』の物語
どこの世界のいつの時期かはわからない。
ひとつ言えることは、その星系はすでに寿命を迎えつつあり、太陽の膨張により飲み込まれようとしているということだけだ。

この惑星“ラシェーラ”に住む人々は、自らの生命の危機に対し、“移住”か“再生”かの選択に迫られていた。

移住。それは“天文”と呼ばれる組織によって提唱されている、惑星規模の瞬間移動計画。その為のエネルギーとしてこの星をひとつ潰すことになるが、人々は速やかに別の居住可能星へと移り住むことが出来るという。

そして再生。それは“地文”と呼ばれる組織によって提唱されている、想いの力による星系の回復計画である。人々の想い、この世界では“詩魔法”と呼ばれる“力”を最大限増幅し、太陽とこの惑星を緑豊かな星へと蘇らせるものである。

世論は真っ二つに割れ、天文派と地文派は争い、世界は疲弊していった。そんな中、この世界を治める皇帝の世代交代が行われることになる。天文、地文はそれぞれ、みずからの組織の息がかかった候補を立ち上げ、即位に向けて動いた。この世界では、皇帝即位は民意によって決められる。民衆は天文、地文、どちらの皇帝候補を支持するのか。そして、この星の運命は、どちらへと進んでいくのだろうか……。

そんな、この惑星始まって以来の一大事の渦中に、少女はいた。
少女の名は、イオナサル・ククルル・プリシェール。次期皇帝候補のひとり、天文側が推薦した皇女である。

■『シェルノサージュ』の世界
どことなく昭和を彷彿とさせる世界、ラシェーラ。
この世界では、真空管を主体とした科学文明が栄え、またその真空管の発展形ともいえる、“想いを力に変える”魔法のツール“シェルノトロン”というものが存在している。誰でもシェルノトロンに想いを託し、詩を謳うことによって“詩魔法”を行使する事が出来、それにより人々の生活は豊かで快適なものとなった。

だが、この世界は終焉に向かっており、暴れ狂う太陽にはシェルノトロンごときではどうにもならず、人々は日々、命の危険に晒されている。そんな太陽の脅威から身を守るために、人々は“コロン”という浮遊する都市を築き上げ、そこで暮らしている。コロンはある程度自治に任せるところとしており、そのためさまざまな個性的なコロンが出来上がっている。年中お祭りのコロン、星空をいつでも見られるコロン、遊園地コロン、四季があるコロン、工場のコロンなど。そしてそれらのコロンにはすべからず、太陽からの有害な波動を遮る術が用意されている。

だが、すべての人がコロンに住めるわけではない。コロンに住めるのはある程度裕福な人達だけであり、最下層の貧困層はいまでも危険な地表に住んでいるのである。

▲地表の街“万寿沙羅”の中心街。昭和時代のような懐かしさを醸し出す町並み。

▲コロンのひとつ“夢の珠”の駅。このコロンは球形だが、コロンによって姿形は皆違う。

▲コロン“夢の珠”の中心街、スタートロン商店街。一昔前の電気街のよう。

■キャラクター紹介
イオン(イオナサル・ククルル・プリシェール)
プレイヤーとつながった先の世界に、たったひとりで生活している女の子。
なぜそこにいるのか、そこがどこなのか、そして自分が誰なのかも、彼女は答えることが出来ない。
少しおっとり気味で恥ずかしがり屋の少女で、黙々と何かを作るのが好き。なぜか真空管を使った電子工作に目が無く、語り出すと止まらない。

身長:164 ㎝
出身地:福岡県
方言:博多弁・大阪弁
特技:水泳・卓球・パソコン入力
所属事務所:マウスプロモーション

■声優紹介
イオン役 加隈 亜衣(かくま あい)

◇コメント
皆様はじめまして! 加隈亜衣と申します。
この度、イオン役を務めさせて頂くことになりました。
イオンちゃんは優しくてふわふわした、かわいらしい女の子です。
知らない世界で大変な目に合いながらも、自分なりに一生懸命頑張るイオンちゃんをぜひぜひ応援して下さい。私もゲーム初出演で、毎日期待と不安でドキドキしていますが、イオンちゃんと一緒に成長していきたいと思っています。
ひとりでも多くの方が私のようにイオンちゃん大好き! になっていただけるよう頑張ります。
よろしくお願いします!!

■ある日、偶然つながった向こうの世界
接続された先には少女がいた。端末を通してその少女との交流が始まる。

▲手にした端末(プレイステーション Vita)を介し、少女と交流しよう。

■少女はなにを想い、なにを失ったのか?
シャール、それは少女の失った記憶を取り戻す鍵。人々の想いによって力を得ていく。

▲心の妖精シャールの力によって、少女の心が癒される。

■荒廃した世界、それは少女の心が負った傷
ここは、かつて光に満ち溢れた世界。少女の記憶に残る場所。シャールの力によって世界を修復し、少女の記憶を呼び覚ます。

▲少女の心の世界には廃墟がある。この廃墟を修復するため、シャールを育てて少女の心を癒そう。

■人々はそこに生き、物語は紡がれる
端末の向こうの世界では、個性豊かな人々の生活が垣間みれる。



(C)GUST CO.,LTD. 2012