『アスラズ ラース』のストーリーとキャラクターを紹介

カプコンから2012年発売予定のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『アスラズ ラース』。本作のストーリーとキャラクターについて紹介する。

●古き時代、かつての話、人類の守護者たる八神将

 カプコンから2012年発売予定のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『アスラズ ラース』。本作のストーリーとキャラクターについて紹介する。

■ストーリー

“神国トラストリム”と呼ばれる唯一の巨大国家が文明の中心となり支配する世界――。工業的な近代科学文明と、精神的な宗教文明が融合した様式を持つ神国トラストリムは、人間を“神人類”と呼ばれる上位階級が支配し、厳格でありながらも文明的な階級社会を形成していた。だが、この世界には神人類も手を焼く程の問題が存在していた……。大地の穢れから発生するとされ、神々や人間、文明を本能的に襲う魔物“ゴーマ”。何の力も持たぬ人間たちは、日々ゴーマの襲撃に脅かされながら神にすがって辛うじて生き残っている有様だったのだ。神軍を指揮する8人の神々―アスラたち“八神将”は、ゴーマの根源たる“ゴーマ・ヴリトラ”と血戦をくり広げ、辛くも勝利を収める。

00_

アスラたち八神将の活躍によってゴーマ・ヴリトラ を退け、束の間の平穏を得た神国トラストリム。だが、神国トラストリムを司る神皇が暗殺され、アスラがその犯人に仕立て上げられてしまう。すべてはかつての同胞である、八神将たちによる 企みだったのだ!

愛娘は八神将に捕らえられ、妻ドゥルガも殺害されてしまう……。

01_

八神将たちの手でトドメをさされ、天から地に堕とされたアスラは、薄れゆく意識の中でかつての同胞への復讐を誓うのだった!

02_
03_

■キャラクター紹介

アスラ(声:安元洋貴)

かつては神軍の将“八神将”のひとりだったが、同胞である 7人の神々の裏切りにあい、娘が奪われ、妻も殺され、その命までも絶たれた男。だが、死すとも消せぬ怒りに導かれ、現世へと甦る! 尽きることのない怒りを具現化し自身の腕と化して闘う、そう、それが本作の主人公アスラなのだッ!

A
04_
05_

七星天ワイゼン(声:茶風林)

アスラを追い落としたかつての八神将たちは 一万二千年のときを経て、さらなる高みの存在 “七星天”となった。ワイゼンも神国軍を率いる大将格、七星天のひとり。七星天随一の巨躯と豪腕を誇り、その力は大型のゴーマを一撃で沈めるほど。 慇懃無礼な口調で話し、難しい言い回しを好む。ベラベラとよくまわるその口を、拳で黙らせてやれ!

C
06_眦
07_眦

七星天ヤシャ(声:諏訪部順一)

神国軍を率いる大将格、七星天のひとり。冷静沈着で、文武に長ける。神速の体技を持ち、その実力は七星天の中でも抜きん出ている。アスラの永遠のライバル。果たして、アスラに勝機はあるのかッ!?

V矜
08_矮
09_矮
10_矮
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.