クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
9.0
仲間と協力して、迫りくる大量のゾンビを倒しながら街から脱出しよう。オンラインを介せば、協力してステージを攻略したり、最大8人で対戦プレイもできる。
発売日
2009年11月19日
価格
7300円 [税抜]
対応機種
Xbox 360
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

レフト 4 デッド2(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

モリガン長田
ファミ通公式 Xbox 360
9

動きの速いゾンビが大量に出現するので、正確に狙い撃つよりも乱射で敵を倒すような感覚。新たに登場した近接武器は種類が豊富で、威力も高い。大胆にザクザクと敵をなぎ倒していくのは爽快。狭い場所では、仲間と相討ちしないように武器を使い分けるなど、戦略性も増した印象。

週刊ファミ通1095号より

レオナ海老原
ファミ通公式 Xbox 360
10

圧倒的なゾンビの数と速さは健在で、思わず笑ってしまうほど。近接武器は群がられたときに強いが、ダメージは受けやすくいいバランス。また、新感染者は4人を引き離す攻撃が多く、いやらしさ倍増。リアリズムモードはけっこうシビアで、慣れた人でも緊張感漂うプレイが楽しめます。

週刊ファミ通1095号より

デイリー松尾
ファミ通公式 Xbox 360
9

新たな追加要素は多くあれど、基本的には前作からのバージョンアップ版といった印象が強い。ステージも一新され、より広大な感じになった。おかげでよく道に迷うけど、みんなで「つぎどこ?」と彷徨うのも一興かと。前作ほどのインパクトはないが、相変わらずのカオスっぷりは楽しい。

週刊ファミ通1095号より

世界三大三代川
ファミ通公式 Xbox 360
8

続編というよりは、バージョンアップ版。新たなステージは道のりが長く、よりドラマチックな展開が生まれるように。ゾンビを協力して倒す爽快感は相変わらず格別で、とくに新要素の近接武器は迫力もアップした。ひとりでも楽しいが、オンラインプレイ前提の作りは前作同様。

週刊ファミ通1095号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ドラ麦茶
Xbox 360 2010-10-07 20:04:36投稿
9

走るゾンビと戦略性の高い協力プレイで衝撃のデビューとなった「LEFT4DEAD」の続編です。ゲームの大容量化に伴い、続編の発売に数年かかるのが当たり前となる中、1年を待たずのスピードリリースとなりました。そこまで慌てて出さなくても、1はもっと長く遊べたんじゃないかと思わなくもないですが、そこにはきっと複雑な大人の事情というヤツが絡んでいるのでしょう。なんだか気になるところです。 さて、短期での続編リリースということで、元祖FPS・DOOMのように、「基本システムはほとんどいじらず、ステージを一新し、 新武器と新モンスターを追加した、続編というよりは新エピソード集」なのかと思いきや、なかなかどうしてかなりのパワーアップをしています。まあ、ステージ一新、新武器と新ゾンビの追加には違いないのですが、新たなゾンビの登場により、前作ではゾンビラッシュ時の定番戦法だった「狭い部屋などで一ヶ所にかたまっての立てこもり」が通用しません。さらに、そもそも立てこもっていてはいつまでたってもゾンビラッシュが終わらない仕掛けの登場など、前作とは大きく戦法を変えないといけないため、緊張感が大幅に増しました。また、前作では単体でしか登場しなかったタンクやウィッチといった強力な特殊感染者が複数で登場したり、ゾンビを大量に呼ぶ防犯アラームつき自動車がたくさんに設置してあったりと、前作からあるシステムをうまく応用したギミックが盛りだくさんです。 対戦プレイもパワーアップしました。生存者と感染者に分かれて戦うユニークな対戦は非常に戦略性が高く、前作でも好評でしたが、1ステージを生存者と感染者で交互にプレイして進めていくため、決着が付くのに数時間かかることもあり、「気軽に対戦」というわけにいかないのが欠点でした。今作では、生存者側はマップ内に散らばったポリタンクを集め、感染者はそれを邪魔するという新ルール「スカベンジ」モードが搭載され、短い時間でもサクッと遊べます。もちろん前作同様の通常対戦やサバイバルモードもあり、「気軽に対戦」と「じっくり対戦」を使い分けることができます。 と、いう具合に、前作の不満点を概ね解消した正統パワーアップバージョンとなっていますが、プレイしていると、なぜが心の奥がチクチク痛み、あまり楽しむことができません。そんなチクチクに気付かないふりをして今日もスカベンジをプレイしますが、過疎が激しくなかなか対戦相手が見つからず、やっと開いている部屋を見つけたと思ったら何もしてないのに追放され、しょうがないので野良でキャンペーンをすれば、外国人が独走したあげくあっさり死んではすぐ退出して行き、1人で何とかフィナーレにたどりついたと思えばBOTはガソリン集めを見てるだけの非協力っぷり……。その瞬間、心の奥のチクチクの正体が判りました。それは、フレンドのいない寂しさだったのです。そうです。今作は、協力要素がますますにパワーアップされ、シングルや野良ではますます厳しい内容になってます。前作は難易度エキスパートのシングルでもある程度は何とかなったのですが、今作はアドバンスすら厳しいです。 そんなわけで、(これを言うのはもう何度目になるのか判りませんが)フレンドがいる側の人間は100点間違いなしの作品ですが、そうでない筆者側の人間はこのゲームを100%楽しむことはできません。まあ、対戦の実績をコントローラー2個使った1人対戦でほとんど解除できるはありがたいですが、心のチクチクはますます増大することでしょう。今作最大の敵は、ウィッチでもタンクでもなく、「孤独」という名のウィルスに感染された自分自身なのかもしれません。 

クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
9.0
仲間と協力して、迫りくる大量のゾンビを倒しながら街から脱出しよう。オンラインを介せば、協力してステージを攻略したり、最大8人で対戦プレイもできる。
発売日
2009年11月19日
価格
7300円 [税抜]
対応機種
Xbox 360
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る
  1. 1
    【かわ余】ホロライブ×ファミマコラボ第6弾が発表。湊あくあ、百鬼あやめ、大空スバル、夜空メル、癒月ちょこ、アキロゼなどがバレンタイン衣装に!
  2. 2
    『一番くじ 鬼滅の刃 ~宇髄天元 見参!~』全ラインアップが公開。宇髄天元のド派手でかっこいいフィギュアなどが登場
  3. 3
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  4. 4
    『街』がセガサターンで発売。窪塚洋介など若き日の有名人が多数登場の実写サウンドノベル【今日は何の日?】
  5. 5
    『FF14』麻雀大会が1月22日13時からニコ生で放送。吉田直樹ら開発メンバーが立花慎之介、松野泰己、齊藤陽介と麻雀を打つ!