クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
押し寄せてくるゾンビと戦う、ターン性のタクティカルバトル。仲間それぞれの能力を考慮して適切な場所に配置し、食糧を分けあいながら、ゾンビとの死闘を制するべく戦う。
発売日
2021年05月20日
価格
1364円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
ピッキー
詳細を見る

Wanna Survive:ワナサバイブ(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

煩雑さはなく手軽に楽しめる戦略シミュレーション。ゾンビに襲われると移動や反撃ができなくなるのがおもしろく、“誰がどのタイミングで助けるか”といった戦術の妙が味わえる。また食糧集めや配給といった要素もあり、サバイバル感が楽しめる構成に。UIは丁寧で遊びやすく、一手前や前ターンへの巻き戻し機能もあり、試行錯誤の醍醐味も。テンポもよくパズルゲームのような手触り感が目新しいです。

週刊ファミ通1696号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
7

ゾンビから生き残るのが題材と、この手のゲームでは珍しいものになっていておもしろかったです。操作面もなかなか洗練されていて、ひと手間が省けるのがありがたかった。飢えの概念があり、食糧がつねにギリギリになりがちで難度は高めかな。しかし、それがサバイバルの雰囲気アップにもつながっていて気に入っています。ターンの巻き戻しといった救済も多々あって大いに助けられましたね。

週刊ファミ通1696号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

ゾンビにまとわりつかれることを表す“抵抗”状態や、“プッシュ”を活用して仲間を助けたり、バリケードを築くなど、ゾンビものらしさをシミュレーションのシステムに落とし込んでいるのがいい。ゾンビは単体ならそれほど脅威ではないが、数の力で圧倒してくるところも必死のサバイバルの様相をうまく表現。被害を抑えていかにして敵をさばくかを考えるのは没頭できる。食糧の要素も緊張感を生んで○。

週刊ファミ通1696号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

メンバーの固有の武器を活かして戦うシンプルな仕組みなのにハマってしまいました。ゾンビに捕まっても、つぎのターンまでに倒すか押しのければ噛まれないシステムがミソで、仲間を助けたり、壁役をさせたりと戦略性を広げています。探索や防衛戦などステージもさまざま。全員の生存を目指すのもやり甲斐がありますが、ラストは生死による結末の違いや、彼らの背景を詳しく描いてほしかったな。

週刊ファミ通1696号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
押し寄せてくるゾンビと戦う、ターン性のタクティカルバトル。仲間それぞれの能力を考慮して適切な場所に配置し、食糧を分けあいながら、ゾンビとの死闘を制するべく戦う。
発売日
2021年05月20日
価格
1364円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
ピッキー
詳細を見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画