クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
発売日
2021年12月09日
価格
3500円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
テヨンジャパン
詳細を見る

テラテック(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

ブロック遊びのようにさまざまなパーツを組み合わせて自分なりの乗り物を作れるのが楽しく、そういうことが好きな人は時間を忘れて夢中になれると思う。キャンペーンモードでは、戦闘で壊れたり、新たなパーツを入手するたびに組み立て直したりとけっこう手間が掛かるので、製作やマシンの管理を補佐する機能がもっとあればよりよかったけど、作れるものの幅が広がっていくのは心が弾む体験。

週刊ファミ通1695号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

細かい理屈抜きに、大まかな方向性と成り行きで組み上げたモンスターマシンが即動き出すゲーム世界にロマンを感じます。3Dパーツの選択・着脱の操作は、便利とは言えないけれど、手触りの感触に近い気持ちよさがあります。自由度が高いぶん、アクションシューティングとしての深みはさほど感じませんが、執拗に背後に回り込もうとする敵にどのような武装で対抗すべきか程度の戦略性はあります。

週刊ファミ通1695号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

パーツを自由に組み合わせ、乗り物を組み立てたり改造したりする遊びは、ブロック玩具と同様のおもしろさ。パーツの種類が少ないうちから、見た目優先か機能重視かなど、それなりに独自性を発揮できます。パーツの役割や向きが多少わかりにくかったりもするけれど、その解明も一興。クラフト+サバイバルものにありがちな、自由放任すぎて何をすればいいかわからない状態が少ないのにも好感です。

週刊ファミ通1695号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

広大なフィールドを移動しながら、入手したボディーやタイヤ、武器などをブロック遊びのような手軽さでくっつけて自分だけの乗り物を作る作業がシンプルかつ奥深い。登場パーツは種類も個性も豊富でうれしいが説明は多くなく、試行錯誤でクラフトを楽しめるかどうか。組み立て時に時間が停止せず敵の攻撃にさらされるのは、緊張感があっていいが、コントローラ操作だと少し操作しづらい部分も。

週刊ファミ通1695号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
発売日
2021年12月09日
価格
3500円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
テヨンジャパン
詳細を見る

テラテックに関連

すべて見る

テラテックに関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画