クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
“悪”が輝きを放った1920年代、禁酒法時代のシカゴが舞台。アル・カポネなど14人のボスからひとりを選び、悪事を行いながら敵対組織を壊滅して、暗黒街の支配を目指す。
発売日
2021年02月25日
価格
5990円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
RPG / シミュレーション
メーカー
セガ
詳細を見る

Empire of Sin エンパイア・オブ・シン(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
7

禁酒法の時代を舞台に街を支配していくギャングになれるというテーマが魅力的。街並みや建物内の細かな造形と、BGMのジャズが合わさって醸し出す空気感もグッド。経営要素は、各施設のアップグレードをくり返すことで効果を高める構造で、あまり難しく考えずに遊べるのは利点だけど、ちょっと大味に感じてしまうかな。勢力を拡大するうえでも直接的な戦闘によるところの比重が大きいバランス。

週刊ファミ通1682号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
7

禁酒法時代のアメリカのイメージが膨らむBGMと街並みの描写に、こだわりを感じます。首領クラスのみならず、手下になる可能性のある登場キャラにも個性がしっかりと設定されているので、組織の規模が大きくなるほどに手前勝手な人間ドラマを展開(妄想)できます。経営要素があるものの、武闘派路線で難なく勢力拡大できてしまう点はやや物足りないかも。獲得装備品のランダム性は一時的な励みに。

週刊ファミ通1682号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

テーマとしている時代が、ストラテジーものとしては新鮮。裏社会で暗躍する組織のボスとして、殺しから経営まで幅広い体験ができます。お互いの腹を探り合う会話など、アダルトなムードがいい。やること自体はあまり変わらないのが少し残念ですが、誰を主人公に選ぶかでエピソードが異なり、何度も遊べるのはお得。できることが多いだけに、メニューや操作の一部には、まどろっこしさを感じることも。

週刊ファミ通1682号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 PS4
8

ギャングとして“バトル”と“組織経営”のふたつのシミュレーションを同時展開していくため、序盤から覚えることの情報量が多い。PCゲーム的なUIと日本語訳を微妙に感じる部分もあり、敷居は高め。ただ、そこを乗り越えれば暴力と欲望がうごめく、めくるめく大人の世界が待っている。銃撃戦主体のバトルは、近接攻撃の荒々しさもあり新鮮。死のリスクが大きいのも含めて、大人向けの作品です。

週刊ファミ通1682号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
“悪”が輝きを放った1920年代、禁酒法時代のシカゴが舞台。アル・カポネなど14人のボスからひとりを選び、悪事を行いながら敵対組織を壊滅して、暗黒街の支配を目指す。
発売日
2021年02月25日
価格
5990円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
RPG / シミュレーション
メーカー
セガ
詳細を見る

Empire of Sin エンパイア・オブ・シンに関連

すべて見る

Empire of Sin エンパイア・オブ・シンに関連

すべて見る
  1. 1
    『ちいかわ』×くら寿司コラボが3月8日から実施。お寿司になったちいかわたちのキーホルダーが“ビッくらポン!”で当たる
  2. 2
    バンダイナムコが渋谷にコンサートホールを建設。収容客数2000人規模。開業に先立ち運営を担う新会社“バンダイナムコベース”を4月1日に設立へ
  3. 3
    『SYNDUALITY Echo of Ada』CBT版レビュー。探索して素材を持ち帰り、拠点を豪華にするサイクルが醍醐味。メイガスのお風呂シーンもある!?
  4. 4
    『ペルソナ3』約束の日。仲間との絆を確認する静かなラストはゲーム史に残るイベントシーン【今日は何の日?】
  5. 5
    『FF7 リバース』セフィロスどんぎつねのスマホ用壁紙が公式X(Twitter)より配布。「いい子だ」のセリフや背景のおあげ&宇宙がシュール