クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
不思議な生物“MO”を操り、不気味な世界を冒険。ジャンプや寄生などのアクションのほか、キャラクターの記憶を読み取る能力を駆使して、物語に秘められた謎を解き明かす。
発売日
2020年09月10日
価格
1436円 [税抜]
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
Rayark
詳細を見る

MO:Astray(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

ストーリーテリングが巧妙で先の展開が非常に気になる“雰囲気ゲー”。アクションとパズルのバランスがよく、スライム状のキャラの特性を上手に活かしたギミックも非常によく練られている。ステージが進むごとにアクション性が高くなり、かなりの歯応えに。独特の操作感も相まって慣れるまでは難しく感じるかもしれないが、リトライのテンポはよく、ストレスなくくり返し挑戦できるゲーム性は◎。

週刊ファミ通1660号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

ドットで描かれたビジュアルが美しい。主人公はかわいらしいですが、それとは裏腹なハードなSFの物語が興味をそそりますね。寄生して断片的に情報を集めていくのも気に入りました。主人公を張り付かせるのが気持ちよく、徐々に能力が増えていくのも楽しい。パズル的な要素が強く、それなりに腕前も要求されるので難度は高いかな。復活ポイントが細かく、リトライしやすいのがありがたい。

週刊ファミ通1660号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

スライムのような生物を操作して、壁や天井に張り付き、進めるところを探しながら飛び移っていく、パズル要素のあるアクションがおもしろい。ジャンプの方向をとっさに調節するのは難しく、素早い操作が必要な場面もあって“死にゲー”的な側面もあるけど、直前からリトライできるので意欲を削がれにくいのがいいね。メインの物語に加えて、寄生した宿主の記憶を読み取れるのも好奇心をくすぐる。

週刊ファミ通1660号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

スライムのような“MO”のぽよぽよとした動きや表情がかわいすぎる。方向を決めてジャンプする操作もスムーズです。相手の頭部にくっつくアクションは移動手段としてだけでなく、対象の記憶を読み取れるというのもイイ。ただ、宇宙船で起きた凄惨な事件や、エグい背景が浮かび上がってきて辛いですね。フィールドのギミックは難度が高めですが、ミスしても直前から再開できるのはナイス。

週刊ファミ通1660号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
不思議な生物“MO”を操り、不気味な世界を冒険。ジャンプや寄生などのアクションのほか、キャラクターの記憶を読み取る能力を駆使して、物語に秘められた謎を解き明かす。
発売日
2020年09月10日
価格
1436円 [税抜]
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
Rayark
詳細を見る
  1. 1
    『FF7 リバース』パッケージ版のディスク表面の誤表記についてアナウンス。“Play Disc”と“Data Disc”の表記が逆に。商品の対応については検討中
  2. 2
    『ぼっち・ざ・ろっく!』ローソンコラボが3月5日より実施。描き下ろしイラスト使用のクリアファイルやステッカー、限定パッケージのお菓子が登場
  3. 3
    『リコリコ』“千束の銃”が東京マルイから3月14日に発売。スパイク付きのストライクフェイスなどを忠実に再現
  4. 4
    『エクスアストリス』10時間プレイレビュー。1500円とは思えないほど世界観・戦闘のすべてが濃厚。“白夜”と“極夜”に分かたれた惑星での生活の虜に
  5. 5
    『幼稚園』“ほぼ実物大の公衆電話”が付録に。テレカを入れて受話器を置くとカードが戻ってくるギミックも完全再現
特設・企画