クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
1918年の荒廃したロンドンで、ある日突然ヴァンパイアになった医師が主人公。人間を犠牲にする“捕食者”と、怪物と戦う“救世主”のどちらになるかはプレイヤーの選択次第。
発売日
2020年12月24日
価格
6980円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
Game Source Entertainment
詳細を見る

Vampyr(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

さまざまなキャラとの対話や行動によって物語が分岐。吸血鬼として善悪を決断していく主人公の苦悩が上手にゲームシステムに落とし込まれている。反面、バトルは同じパターンのくり返しになりがちだったり、マップの作りが複雑で、かつファストトラベルがなく手間に感じるなどストレスも。アドベンチャーとしての駆け引きはおもしろいが、アクションの醍醐味や爽快感にもうひと声欲しいところ。

週刊ファミ通1672号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

主人公の設定とそれを取り巻くドラマが最高。吸血で命を奪うと多くの経験値がもらえますが、市民にもそれぞれ背景があり、葛藤が生まれるようにしてあるのがニクイ。おいしく育ててから吸血するのも別格の味わいですけどね。登場人物どうしが複雑な関係を築いているのがユニークで、会話でヒントを聞き出し真相を探っていく過程がおもしろい。会話劇の側面が強い部分は好みが分かれそう。

週刊ファミ通1672号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

ダークな世界観と物語に惹きつけられる。街の住人ひとりひとりに個性があり、住人どうしの関係性なども含めて緻密に描かれているのがいい。自身の強化と市民の命を天秤に掛けるような、悩ましい吸血行為のシステムもおもしろみがあります。ただ、バトルに関しては、いまひとつに感じるところがちらほら。行動範囲が広くなるとマップの移動も面倒で、もっとスマートに進められる手段が欲しかった。

週刊ファミ通1672号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

霧が立ち込める不気味なロンドンの街がいい感じ。街の人々との会話はボリュームがあり、秘密を探る過程は探偵気分にもなります。相手を知るほど血が良質になり、吸えば手っ取り早く強くなれますが、仲よくなった人を手に掛けられない、でも敵は強いし、倒さなければ先へ進めないし……という葛藤がたまりません。吸血を織り交ぜて戦うバトルも歯応えがあります。欲を言えばファストトラベルがあれば。

週刊ファミ通1672号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
1918年の荒廃したロンドンで、ある日突然ヴァンパイアになった医師が主人公。人間を犠牲にする“捕食者”と、怪物と戦う“救世主”のどちらになるかはプレイヤーの選択次第。
発売日
2020年12月24日
価格
6980円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
Game Source Entertainment
詳細を見る
  1. 1
    【ポケモンSV攻略】最強のリザードンレイド対策&おすすめのポケモン【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    『ウマ娘』ローソンコラボキャンペーンが12月13日より開催。キタサンブラック、サトノダイヤモンドたちの限定クリアファイルがもらえる!
  3. 3
    『ガンダム 水星の魔女』12月18日の放送は休止。第1クール最終回となる12話までの放送スケジュールを公開
  4. 4
    『ドラゴンクエスト』堀井雄二氏が“グリコのおもちゃ”を制作! ゲームにも活きるオマケ的発想の根源と『DQ』最新情報に迫る
  5. 5
    『ワールドトリガー』天羽月彦が適合した黒トリガーの情報などが公開。天羽が玄界人(三門市民)ということも公式TwitterのQ&Aで明かされる
特設・企画