クロスレビュー

平均

7.8
Joy-Conを使う直感的な操作で料理を作り、料理に宿る“タベガミ”を召喚。タベガミ6体でデッキを組み、バトルを展開する。本体同梱、別売りを含め、多彩なガジェットに対応。
発売日
2020年11月28日
価格
5400円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクション / シミュレーション
メーカー
バンダイ
詳細を見る

タベオウジャ(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

専用周辺機器による各種ギミックやJoy-Conを使った直感的な料理アクションがおもしろく、プレイ感覚は新鮮。“タベガミ”の召喚方法やバトルシステムなどもよく練られており完成度は高い。ただ、各ミニゲーム(料理)の細かい操作やタイミングが把握しづらく、正解がわかりにくいことも。またローディングが長いのも少々気になる。世界観&キャラ設定はよく、とくに料理のビジュアルがおいしそうなのは◎。

週刊ファミ通1672号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
7

Joy-Conにギアやエキスポーションを装着していくだけで楽しい気分になってきますね。ゲーム内と同じアイテムを現実でも使えるのは、気分が盛り上がっていい感じ。神レシピを読み込む際のワクワクも半端じゃないです。料理を作って召喚するバトルは大忙しで、程よい緊張感もあって熱い。ただ、ミニゲームでの操作が若干もっさり気味で思うように動かせないことがあるのが気になりました。

週刊ファミ通1672号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

料理の工程を再現した操作で“タベガミ”を召喚し、仲間に加えていくのは心が弾む。キャラデザインや演出面もグッド。ゲームに連動するガジェットも没入感を高めてくれる。リアルタイムストラテジー風のバトルの戦略性は、子どもには若干難しそうな気もしたけど、駆け引きが味わえつつ、ひたすらタベガミを召喚しまくるだけでも楽しめる、いい調整。育てたタベガミを持ち寄っての対戦も燃えます。

週刊ファミ通1672号より

梅園ウララ
ファミ通公式 Switch
8

料理のアクションパートに勢いがあって、これで調理に興味を持つ子も出てきそう。刻む、炒めるなど基本だけでなく、アク取りや、お好み焼きを返すなど幅広い工程が体験できるのもいいですね。バトルはRTSで、“タベガミ”を作って送り出しつつスキルを使ってと、やることてんこ盛りですがその忙しさも楽しい。ロードが長めだったり、一部の表示が小さくてテーブルモードでは視認しにくいのが惜しい。

週刊ファミ通1672号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8
Joy-Conを使う直感的な操作で料理を作り、料理に宿る“タベガミ”を召喚。タベガミ6体でデッキを組み、バトルを展開する。本体同梱、別売りを含め、多彩なガジェットに対応。
発売日
2020年11月28日
価格
5400円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクション / シミュレーション
メーカー
バンダイ
詳細を見る

タベオウジャに関連

すべて見る
  1. 1
    『ポケモンフレンダ』が7月より順次稼動開始。『ポケモンメザスタ』の後継機で、ツイン筐体はそのままにアクション性をより高めるタッチパネルを搭載
  2. 2
    懐かしのPCゲーム『エアホッケー@GAMEPACK』のブラウザ版が無料公開。新たな対戦相手やランキング機能などを追加して復活
  3. 3
    【アマプラ】映画『名探偵コナン』シリーズ12作品が本日(4/15)より新たに見放題配信。『緋色の弾丸』までの全24作品が揃い踏み
  4. 4
    『宝石の国』が次回で完結。2012年から12年間続いた宝石たちの物語、『月刊アフタヌーン』4月発売号掲載の第108話が最終話に
  5. 5
    『たまごっち』サンリオ&ハローキティとのコラボ商品が予約開始。最新機種『Tamagotchi Uni』。『Tamagotchi nano』は2色展開