クロスレビュー

平均

8.3
アニメでおなじみのキャラクターたちが“個性”を武器に、激しくバトルする対戦アクション。プレイアブルキャラクターは40体以上。本作では2対2で戦う新システムを搭載。
発売日
2020年03月12日
価格
7600円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

僕のヒーローアカデミア One's Justice2(Switch)のレビュー・評価・感想情報

レゲー秋山
ファミ通公式 Switch
9

ボタン入力に対するレスポンスがリニアで、“思うように戦えている感”を存分に味わえる。バトルのテンポもよく、操作していてとにかく気持ちいい。視点カメラの追従性も良好。刷新されたミッションモードは戦略性が増し、やり応えもアップ。前作同様、アメコミ風の各種演出は本作でも冴え渡るが、ストーリーモードでのシリアスな展開の途中でも勝利ポーズが挿入されるのだけは興ざめで、ちょっと残念。

週刊ファミ通1633号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

プレイアブルキャラの数の倍増がうれしい。ステージを縦横無尽に飛び交う、迫力のあるバトルは健在で、サイドキックのキャラも“プルスウルトラ技”が使えるようになり、戦術の幅が広がった。わかりやすい新要素の追加だけでなく、細かい部分が前作から改良されているのも○。ストーリーモードはダイジェスト的な構成で、ざっくり気味にも思えるけど、印象的なシーンを振り返ることができるのがいい。

週刊ファミ通1633号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

各キャラがよくしゃべり、固有技をくり出す戦闘パートは、優勢時にはテンションが上がります。連続攻撃につながる一撃をいかに入れるか(またはスカすか)に特化した読み合いが好きなら、対人戦でも盛り上がれるはず。ストーリーモードは、抜き出した場面のチョイスと、アニメーション演出の丁寧さが光ります。アクセサリー類のコレクション要素は種類が豊富ながら、微妙なバリエーション違いが多め。

週刊ファミ通1633号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

ファンのためのデジタルエンターテインメントとして充実の内容。何かするたびにご褒美がつぎつぎと開放され、達成の度合いがひと目でわかるのもコレクター心を満たします。簡単操作で“個性技”をくり出せるアクションが快感。エピソードを駆け足で振り返るストーリーモードは、物足りなさも感じますが、進めていくうちにいろいろなヒーローを体験できるのはいい仕組み。敵側の視点も興味深い。

週刊ファミ通1633号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3
アニメでおなじみのキャラクターたちが“個性”を武器に、激しくバトルする対戦アクション。プレイアブルキャラクターは40体以上。本作では2対2で戦う新システムを搭載。
発売日
2020年03月12日
価格
7600円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

僕のヒーローアカデミア One's Justice2に関連

すべて見る

僕のヒーローアカデミア One's Justice2に関連

すべて見る
  1. 1
    【FF】『ファイナルファンタジー』UTがユニクロで6月下旬に発売。モーグリを優しいタッチで描いたTシャツがかわいい
  2. 2
    ネコ型配膳ロボ“ベラボット”の公式ファンブックが4/15発売。付録のペーパークラフトであのロボを再現。サイズは割と大きい
  3. 3
    【ホロライブ】holoXの極楽湯コラボが4月25日より開催。浴衣&風呂上がり姿のグッズ販売、博衣こよりのマヨオムライスなどコラボメニューも
  4. 4
    『ポケモンフレンダ』が7月より順次稼動開始。『ポケモンメザスタ』の後継機で、ツイン筐体はそのままにアクション性をより高めるタッチパネルを搭載
  5. 5
    『ソフィーのアトリエ』着替えを見られて涙目で怒るソフィーのフィギュアが登場。エビテン限定特典は描き下ろしイラスト使用のアクリルコースタースタンド