クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
従来の“キャリア”モードに、プロライダーとして高難度のレースを勝ち抜いていく“プロキャリア”を追加。新規で、過去の名レースを追体験できる“歴史チャレンジ”モードも収録。
発売日
2019年09月26日
価格
7389円 [税抜]
ジャンル
レース
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る

MotoGP 19(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

“キャリア”モードに、より本格的でシビアな“プロキャリア”が加わって、やり応えがアップ。反面、前作にあったチュートリアルモードがなくなり、シリーズ経験者に向けた作りになった印象も。さまざまな年代の名場面を追体験できる“歴史チャレンジ”モードの追加はうれしい。“MotoE”が収録され、電動バイクでのレースも楽しめるのは、新鮮味があって○。電動ならではのモーター音も気持ちいい。

週刊ファミ通1610号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
7

コーナーでの減速→加速のタイミングが、ほかのレースゲームと比較しても独特なため、ゲームが要求する腕前に到達するまでがひと苦労。サポートの“ライディングエイド”を駆使しても、わかりやすい爽快感を得るのは難しそうです。記号配置型のグラフィックエディタは、痛車風ステッカーも十分作れるゆとり仕様。それだけに、ニンテンドースイッチ版がオンラインプレイ非対応なのがよけいに残念。

週刊ファミ通1610号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

今シーズン版で遊べることに感謝。さらに本作には、MotoGPの前身であるGP500が収録され、本編より夢中になっちゃいました。ライダーで言えばレイニーにシュワンツ、ドゥーハン、マシンではYZR500やNSR500、RGVガンマが登場し、ファミコン世代のバイク好きには刺さるはず。プレイフィールは、前作からそこまで大きな進化は感じられない印象。グラフィック面でも、もう少し向上の余地がありそう。

週刊ファミ通1610号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

バイクならではの、路面が迫り来る迫力に、エンジン音が疾走感をもたらし、さらに研ぎ澄まされた走りを実現。難度が高めで、チュートリアルも充実しているとは言えないが、コーナーでのわずかな隙を突いてライバルを抜けるようになると、俄然走るのが楽しくなってきます。レジェンドライダーも登場する“歴史チャレンジ”モードや、充実のカスタマイズ機能など、バイク好きがより楽しめる作りも○。

週刊ファミ通1610号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
従来の“キャリア”モードに、プロライダーとして高難度のレースを勝ち抜いていく“プロキャリア”を追加。新規で、過去の名レースを追体験できる“歴史チャレンジ”モードも収録。
発売日
2019年09月26日
価格
7389円 [税抜]
ジャンル
レース
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る
  1. 1
    『To LOVEる-とらぶる-』新作読切がトレンドを湧かす! 数年ぶり新作漫画にTwitterが盛り上がる【トレンドワード解説】
  2. 2
    【FGO】ウィンターパーティースタッフトーク発表内容まとめ。福袋召喚ランキングやラスプーチンのデザイン資料が公開
  3. 3
    『ひろがるスカイ!プリキュア』新情報。キュアウィングはレギュラーメンバー初の男子プリキュア、キュアバタフライは18歳の新成人プリキュア
  4. 4
    Switch『LONE RUIN(ローンルーイン)』が配信開始。魔法を駆使し廃墟と化した都市を探索するローグライクアクションシューティング
  5. 5
    『ギルティギア ストライヴ』ブリジットがフィギュア化決定。覚醒必殺技“帰ってきたキルマシーン”のポーズがベースに
特設・企画