クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズの最新作は、4つの領土がある“スペードの国”が舞台。これまでの記憶をすべて失ってしまった主人公アリスが、個性の強すぎる人物たちと関係を深めていく。
発売日
2021年09月30日
価格
6500円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
アイディアファクトリー
詳細を見る

スペードの国のアリス ~Wonderful White World~・~Wonderful Black World~(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

QuinRoseの人気シリーズの新作がプレイできるのは、ファンには感慨深いかと。一部キャラの声優の変更が気になる人はいるかもしれないが、強化されたグラフィックや演出面は歓迎できるはず。独特の作風と、ひとクセある登場人物たちとのやり取りは、おもしろみがある。用語説明や各キャラのセリフなどから背景が読み取れたり、シリーズを初めて遊ぶ人へのフォローもあります。

週刊ファミ通1712号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 Switch
8

とても展開の長いシリーズですが、一見さんでも世界観をしっかり把握できるように丁寧に描かれている安心設計。主人公のアリスを含め、強烈な個性のキャラクターたちが織りなす物語は、シリアスをベースにしつつどこかシニカルで、要所にぶっ込まれるギャグ的ノリツッコミが痛快。攻略対象が主人公に一途で、甘い展開が満載なのはうれしい。ただ、全体的にクセが強い内容なので、好みは分かれるかと。

週刊ファミ通1712号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

小競り合いこそあれおおむね平和(?)な世界で、さまざまな方向でネジが外れた男子たちに好かれまくる居心地を味わえます。シリーズを追ってきたファンなら“改変された世界”に対するさまざまな感慨も深まるはずです。踏破済みのチャプターを好きなパラメーター設定で始められるなど、早回しでルート攻略するための機能が充実。攻略の区切りがつくごとのオマケ要素が少ないのは少々寂しいですね。

週刊ファミ通1712号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

アリスもの特有の狂気をまとっていますが、そのサジ加減が絶妙。コミカルなテキスト、キレイな絵とボイス、納得のいく舞台設定などがアクの強さをやわらげ、すんなりお話の世界に入っていけます。現代女性のメタな視点も投影された、こびないヒロインの存在感も◎。各ルートとも不思議色が強く、甘さはほどほどですが、今回関われなかったキャラたちとの恋愛を、もう楽しみにしている筆者です。

週刊ファミ通1712号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズの最新作は、4つの領土がある“スペードの国”が舞台。これまでの記憶をすべて失ってしまった主人公アリスが、個性の強すぎる人物たちと関係を深めていく。
発売日
2021年09月30日
価格
6500円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
アイディアファクトリー
詳細を見る

スペードの国のアリス ~Wonderful White World~・~Wonderful Black World~に関連

すべて見る

スペードの国のアリス ~Wonderful White World~・~Wonderful Black World~に関連

すべて見る
  1. 1
    【かわ余】ホロライブ×ファミマコラボ第6弾が発表。湊あくあ、百鬼あやめ、大空スバル、夜空メル、癒月ちょこ、アキロゼなどがバレンタイン衣装に!
  2. 2
    『一番くじ 鬼滅の刃 ~宇髄天元 見参!~』全ラインアップが公開。宇髄天元のド派手でかっこいいフィギュアなどが登場
  3. 3
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  4. 4
    『街』がセガサターンで発売。窪塚洋介など若き日の有名人が多数登場の実写サウンドノベル【今日は何の日?】
  5. 5
    『FF14』麻雀大会が1月22日13時からニコ生で放送。吉田直樹ら開発メンバーが立花慎之介、松野泰己、齊藤陽介と麻雀を打つ!