クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
『ガンダムW』、『ガンダムSEED』、『ガンダム00』、『鉄血のオルフェンズ』の4世界から30作品以上が参戦。開発、設計、捕獲で入手したユニットを編成し、原作を追体験する。
詳細を見る

SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

宇宙世紀の『ガンダム』作品は未収録という、思い切った構成が新鮮。比較的新しめのシリーズ作品群の物語をしっかり追体験できるのは、ファンには喜ばしい。倒した敵のアビリティを獲得可能になり、キャラの育成の楽しみが増したほか、戦艦を含まない編成の“遊撃グループ”も使い勝手がよく、各種新要素は好印象。“GETゲージ”をステージをまたいで溜められるなど、細かい部分も遊びやすくなった。

週刊ファミ通1616号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
7

登場するキャラや作品、マップの物量に圧倒されますが、いざ始めると、連携系コマンドも簡単に実行できるなど、初心者にやさしいUIであることを実感します。チーム編成や強化キャラの選択だけでなく、自前の音楽データをBGMとして再生可能など、プレイ環境面でのこだわりも追求できるところがいいですね。各作品ごとのストーリーデモの流れが画一的で、演出面も淡泊な点は、いたしかたなし?

週刊ファミ通1616号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

宇宙世紀以外の作品のみで構成されているのが目新しい。各タイトルのOVAやコミックもフォローされ、初めて知ったエピソードも。ポイントを押さえた物語の要約や名場面の再現が、いろいろな発見を提供してくれます。シリーズを重ねて熟成されたシステムは遊びやすく、コマンドの多さに戸惑うことのない導きはさすが。新要素の採用も意欲的ですが、見せかたも含め、そろそろ大きな進化が見たい。

週刊ファミ通1616号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

戦艦抜きのチームで行動できる“遊撃グループ”の追加や、倒した敵からアビリティをゲットするシステムで、バトル自体の手応えと、自分だけの部隊を作る楽しさがグッとアップ。自軍の余剰戦力を、ほかの作戦にグループ派遣できるシステムもうれしい。原作を追体験しながら進むバトルは、戦場のシチュエーションの再現度も高い。未見の人も、やや駆け足気味ながら、原作の物語の魅力を味わえるかな。

週刊ファミ通1616号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
『ガンダムW』、『ガンダムSEED』、『ガンダム00』、『鉄血のオルフェンズ』の4世界から30作品以上が参戦。開発、設計、捕獲で入手したユニットを編成し、原作を追体験する。
詳細を見る

SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズに関連

すべて見る

SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズに関連

すべて見る
  1. 1
    任天堂旧本社の社屋を利用したホテル“丸福樓”が4月に開業決定。本日(1/20)より宿泊予約を開始。既存棟は当時の建築様式や内装を活かした空間に
  2. 2
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  3. 3
    【ウマ娘】サクラチヨノオーはサクラ軍団の悲願を達成したダービー馬だった。現役時代の活躍やゲームの元ネタを紹介
  4. 4
    『MOTHER』モデルの“G-SHOCK”が本日(1/20)11時より抽選販売開始。文字盤に『MOTHER』のロゴと“SMAAAASH!!”のドット文字がプリント
  5. 5
    『TERA』が4月20日をもってサービス終了。スク水アバターブームを牽引した(?)MMORPGが11年近い歴史に幕