クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
『ウィッチャー』の世界を舞台にしたカードバトルRPG。資源や仲間を集めて軍備を強化し、侵略を続ける帝国軍に対抗していく。選択によって、エンディングが多彩に分岐。
詳細を見る

奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

カードバトルは、デッキから配られた数枚の手札のみで戦い、カードが尽きた時点で勝敗が決まるというシンプルさ。相手の出かたを見ながらカードを出していく戦略性は、ジャンケンのような心理戦が味わえる。ただ、カードごとに複雑なアビリティが発生するため、把握するまでは多少のややこしさも。マップ探索やキャンプ地のカスタマイズといったRPG要素は魅力的。コストパフォーマンスも◎。

週刊ファミ通1566号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

『ウィッチャー』の世界を舞台にしたストーリーが豪華で、ゲラルトとは異なる視点の物語が綴られるのが興味深い。カードバトルで勝利するには、カードごとの特性を理解して効果的に使用する必要はあるものの、バトルを飛ばすこともできるので、初心者でも物語を堪能できる。3種のリソース集めなど、マップ上を移動して探索できるのは楽しいけれど、障害物に引っ掛かかりやすいのは若干ストレスに。

週刊ファミ通1566号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

一般的なカードバトルとは違い、ただ相手側のカードを倒すのが目的ではなく、ラウンド終了時のポイントの多さで勝敗が決まるのが、なかなか新鮮味があっていい。決められたデッキで勝利を目指すバトルはパズル色が強く、好みが分かれるところかもしれないが、解法を見つけて勝つのは快感。資材などを拾いながら進む場面は、やや作業感があるかな。悩ましい選択肢は、いいスパイスになっている。

週刊ファミ通1566号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

『ウィッチャー3』本編のミニゲームやスピンオフの『グウェント』と違って、自陣が2列になり、兵種縛りもないので、間口が広くなった印象。一方で、カードの特性を駆使する特殊なパズルバトルもあり奥が深い。絵地図の上を歩くかのようなフィールドは描写が細かく、道中で起きるイベントも多彩。勇ましい女王の立場での選択も、ゲラルトとは違ってまた楽しい。フルボイスで、演技も日本語訳も◎。

週刊ファミ通1566号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
『ウィッチャー』の世界を舞台にしたカードバトルRPG。資源や仲間を集めて軍備を強化し、侵略を続ける帝国軍に対抗していく。選択によって、エンディングが多彩に分岐。
詳細を見る

奪われし玉座:ウィッチャーテイルズに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF10』新作歌舞伎、ユウナ役・中村米吉による“異界送り”のスペシャル映像が公開。振付・尾上菊之丞や音楽監督・新内多賀太夫らのコメントも到着
  2. 2
    『ホグワーツ・レガシー』いよいよ発売! 実機プレイで判明したゲームシステムの詳細など、1800年代の魔法界をより楽しめるポイントを解説する18ページの大特集【先出し週刊ファミ通】
  3. 3
    【FGO】2部7章ナウイミクトラン後編攻略まとめ【ストーリーネタバレ注意】
  4. 4
    『Apex Legends Mobile』のサービス終了が発表。日本時間の5月2日午前8時をもってシャットダウンへ
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】最強ゲッコウガ育成論。げきりゅう型や特殊型など4パターンを紹介【スカーレット・バイオレット】