クロスレビュー

平均

7.8
ガンジーや北条時宗など実在した24名の指導者からひとりを選び、国の内政や外交を行って、紀元前4000年から21世紀にかけて国家を築いていくターン制のストラテジー。
詳細を見る

シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

非常に奥が深く、一度遊び始めると時間を忘れて熱中してしまう中毒性を持った、良作のストラテジー。ゲーム内でできることが多いぶん、プレイヤーが覚えることも膨大にあるけれど、わかりやすいチュートリアルのおかげで、この手のジャンルの中では遊びやすい。各文明を率いる指導者が、皆個性的でユニークなのもグッド。ローカル通信で、最大4人での協力や対戦プレイができるのもいいですね。

週刊ファミ通1567号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

毎ターンの行動をコツコツと積み重ね、領土を拡大しながら都市を発展させていくのは喜びとなり、黙々と取り組めます。やれることや覚えることが多く、たいへんさもあって好みは分かれそうだけど、プレイヤーに合わせたアドバイスなども充実している。ただ、チュートリアルは長いので、中断できるとよかった。メニューの操作が若干ややこしい気がするが、タッチ操作にも対応しているのはうれしい。

週刊ファミ通1567号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
7

これと決めた君主&拠点で、勢力をじわじわ広げていくゲームプレイは、ハデさこそないもののさまざまな充実感を得られます。とくに各種ブーストを活かしての短期発展がいいですね。携帯モードでのタッチ操作対応はいいのですが、プレイヤーが扱う情報量とUIのバランス面はもうひとつ。ビギナー向けの補足情報の出しかたも、そもそもの難解さのハードルを下げているように思えなかったのは残念。

週刊ファミ通1567号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
9

中毒性が高く、やめられないのはもちろん、クリアー後すぐに再スタートしたくなるほど。戦争以外に科学力や文化面などでの勝利が可能で、文明発展のワクワク感というシリーズの持ち味が、今回も最大限に引き出されています。さまざまな要素が複雑に絡み合う本格派な作りだけれど、情報や指示が整理されていてとっつきやすい。わかりやすさやコマンドの便利さは、あと一歩進めてほしいところ。

週刊ファミ通1567号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8
ガンジーや北条時宗など実在した24名の指導者からひとりを選び、国の内政や外交を行って、紀元前4000年から21世紀にかけて国家を築いていくターン制のストラテジー。
詳細を見る

シドマイヤーズ シヴィライゼーション VIに関連

すべて見る

シドマイヤーズ シヴィライゼーション VIに関連

すべて見る
  1. 1
    Obsidian Entertainmentの最新作『Grounded』は、「自分が小さくなったらどうなるんだろう?」という子どもが抱く夢を実現したサバイバルアクション【X019】
  2. 2
    『ヴァガンテ』Switch版・PS4版が4月25日に発売。最大4人で財宝が眠る危険なダンジョンに挑むローグライクアクション
  3. 3
    『ニーア リィンカーネーション』1000万ダウンロード突破を祝し、プレイして感じた魅力をまとめてみた。3月9日には新章が追加!
  4. 4
    【Steam】『バイオRE:4 ゴールドエディション』20%オフでセール初登場。『モンハンライズ』75%オフなどカプコンセールが開催中
  5. 5
    『アイマス』“MOIW2023”2日目リポート。アイドルとプロデューサーの想いが弾けて、東京ドームが揺れるほど熱狂した“最高傑作”のライブ