クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
モンスター発生の原因を探るため、前作の主人公の娘であるルミッサ・小杉が遺跡を冒険。散らばるアイテムやヒントを手掛かりに、敵と謎だらけの遺跡の最奥部を目指す。
発売日
2019年06月27日
価格
3980円 [税抜]
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
Playism
詳細を見る

LA-MULANA 2(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
7

けっこう骨太なゲーム性。初見殺しのトラップが多くて謎解きも複雑。トライ&エラーをくり返して進むタイプのオールドスタイルで、敷居は高め。やり込み甲斐や達成感が味わえる反面、何がなんだかわからず、ずっと“?”状態のままプレイすることになるストレスも。あえて詳しく説明しないゲーム設計は理解できるのだが、謎解きでならともかく、ルールや画面の見かたで悩ませるのはきびしいと感じた。

週刊ファミ通1594号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
7

謎解きもアクションもかなり高難度。最初から行けるエリアが多いこともあり、どこへ行き、何をすればいいのかわからなくなりがち。そのぶん、謎が解けたときの達成感はハンパじゃないです。アイテムの種類が豊富で、とくにアプリを使った機能追加がユニーク。主人公が強化され、操作が快適になるほどに、どんどん楽しくなります。欲を言えば、ヒントがもう少しわかりやすいとうれしかった。

週刊ファミ通1594号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

トラップ満載の遺跡を探検する歯応えのあるアクションや、難解な謎解きといった持ち味は保ちつつ、前作と比べて遊びやすくなっている印象。レトロゲーム風のスタイルで、あえて不親切にしているところもある作りゆえ、まだまだ万人向けというほどではないが、石碑などのヒントをもとに仕掛けを解いていく楽しさを味わいやすくなったと思う。会話の独特のノリも、相変わらずクスッとさせられる。

週刊ファミ通1594号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

アクションが難しいゲームはよくあるけれど、マップの構成や仕掛けにこれほど注力されている作品は珍しい。いたるところに読み物やヒントが用意されているが、気づきにくいものもあり、さまようこともしばしば。でも、それを含めて、冒険らしくて楽しい。一見レトロゲームに映るが、中身はイマドキのノリで、強烈な人物たちとのやり取りがクセになる。店員として登場するコラボキャラにもニヤリ。

週刊ファミ通1594号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
モンスター発生の原因を探るため、前作の主人公の娘であるルミッサ・小杉が遺跡を冒険。散らばるアイテムやヒントを手掛かりに、敵と謎だらけの遺跡の最奥部を目指す。
発売日
2019年06月27日
価格
3980円 [税抜]
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
Playism
詳細を見る

LA-MULANA 2に関連

すべて見る
  1. 1
    『FF10』新作歌舞伎、ユウナ役・中村米吉による“異界送り”のスペシャル映像が公開。振付・尾上菊之丞や音楽監督・新内多賀太夫らのコメントも到着
  2. 2
    【FGO】2部7章ナウイミクトラン後編攻略まとめ【ストーリーネタバレ注意】
  3. 3
    『ホグワーツ・レガシー』いよいよ発売! 実機プレイで判明したゲームシステムの詳細など、1800年代の魔法界をより楽しめるポイントを解説する18ページの大特集【先出し週刊ファミ通】
  4. 4
    『Apex Legends Mobile』のサービス終了が発表。日本時間の5月2日午前8時をもってシャットダウンへ
  5. 5
    【Steamセール】『PC Building Simulator』512円、『マブラヴ』1236円、『零 ~濡鴉ノ巫女~』3960円、ディスガイア バンドルッス8250円など