クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
映画『インクレディブル・ファミリー』と、前作の『Mr.インクレディブル』の物語を集約。ファミリーたちの固有の能力を駆使して、町を牛耳るスーパーヴィランに立ち向かう。
発売日
2018年08月02日
価格
5980円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
ワーナー ブラザース ジャパン
詳細を見る

レゴ インクレディブル・ファミリー(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

ストーリーとアクションがうまく融合しており、まるで映画を見ているかのようにゲームが進む各種演出が秀逸。また、あたかも自分がアクションゲームが上手になった気にさせてくれる操作感も心地よい。原作同様、“家族の絆”をテーマに掲げており、戦況に応じてキャラを切り換えながら困難を乗り越えていく展開もよい。レゴ特有のクラッシュ&ビルドの謎解きもおもしろく、遊び応えがある。

週刊ファミ通1547号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

基本的なゲーム内容は、いつもの『レゴ』シリーズと同様で、バトルにクラッシュ&ビルド、オープンワールド探索など、さまざまな遊びが楽しめる。『インクレディブル・ファミリー』という題材が、本シリーズと相性抜群のようで、いつも以上にわかりやすく、おもしろく感じられました。コレクションややり込み要素が満載なのも○。唯一、メインキャストのボイスが、映画版と異なるところだけが惜しい。

週刊ファミ通1547号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

各キャラの能力を駆使したり、ブロックを組み立ててギミックを解く、『レゴ』ゲームの定番の構造だが、Mr.インクレディブルの体当たりやダッシュの高速の動きなど、爽快なアクションには新鮮味も。家族の協力アクションも○。多彩な乗り物が使えるのがいいし、ハブエリアの探索要素も楽しめる。専用のエピソードなどはないものの、ピクサー作品のキャラたちもプレイアブルになるのはうれしいね。

週刊ファミ通1547号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

映画のワンシーンがレゴブロックでしっかり再現されていて、パーツにどう置き換えられているかを見るのも楽しい。インクレディブル一家以外のヒーローたちとも協力するため、『アベンジャーズ』な側面も。各ヒーローの技は、後からでもコマンドを確認できるとよかったな。能力やブロックを駆使する謎解きは従来と同様だけど、街にピクサー作品の舞台を組み立てられるエリアもあるのがいいね。

週刊ファミ通1547号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
映画『インクレディブル・ファミリー』と、前作の『Mr.インクレディブル』の物語を集約。ファミリーたちの固有の能力を駆使して、町を牛耳るスーパーヴィランに立ち向かう。
発売日
2018年08月02日
価格
5980円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
ワーナー ブラザース ジャパン
詳細を見る

レゴ インクレディブル・ファミリーに関連

すべて見る

レゴ インクレディブル・ファミリーに関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画