モンスター集団から村を守るため、さまざまな特徴を持つタワーを建てて攻撃をしていくタワーディフェンスゲーム。最大4人までのオンラインマルチプレイに対応している。
発売日
2018年05月24日
価格
1388円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
スパイク・チュンソフト
詳細を見る

PixelJunk Monsters 2のレビュー・評価・感想

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

タワーディフェンスゲームとしては比較的オーソドックスなシステムで、正直驚きは薄いのだけど、特筆すべき点はグラフィックおよびインターフェースデザインの完成度。ポップな見た目のワクワク感に加え、手触り感の心地よさは抜群。俯瞰視点だけでなく三人称視点が用意されていたり、キャラの着せ替えができたりと、本作の世界観をより楽しめる作りになっているのはこだわりが感じられて◎。

週刊ファミ通1541号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
7

砲台を建てて迫り来る敵群を撃退するという、タワーディフェンスの基本に則った内容で、目新しさこそ感じられないものの、安心&安定のおもしろさ。全体的に丁寧に作られているのが好印象で、クレイアニメーションのような味のあるグラフイックも○。ローカルマルチとオンラインマルチに対応しているのはうれしいけれど、ローカルマルチはカメラがイマイチで、状況がわかりにくいと感じる場面も。

週刊ファミ通1541号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

クレイアニメのような質感のグラフィックがステキ。マップが立体的になり、地形や高低差が影響する戦略性が加わったほか、上空からだけでなく、操作キャラの後方からの視点でもステージを見回せるようになったのは○。一度ステージをプレイし、敵の進軍ルートを把握してからじゃないと対応しづらいところはあるが、“チビ”たちを減らさないようにクリアーを目指すのは、歯応えがあって楽しめる。

週刊ファミ通1541号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
7

ジオラマのようなマップや、お面の一族がほのぼのした雰囲気を醸し出しながらも、なかなか骨太な作品。大砲などを設置してレベルを上げていくベーシックなシステムだが、敵の状態やルートがウェーブごとに異なったりと最後まで油断できない。オフラインでもふたり協力プレイが可能なのはうれしいが、2Pが見切れたときワープするのは少しもどかしいかな。装飾アイテムの解説はユルくて愉快。

週刊ファミ通1541号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

モンスター集団から村を守るため、さまざまな特徴を持つタワーを建てて攻撃をしていくタワーディフェンスゲーム。最大4人までのオンラインマルチプレイに対応している。
発売日
2018年05月24日
価格
1388円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
スパイク・チュンソフト
詳細を見る

PixelJunk Monsters 2に関連

すべて見る

PixelJunk Monsters 2に関連

すべて見る
  1. 1
    『たべごろ!スーパーモンキーボール』がSwitch/PS4で10月31日発売。Wii『ウキウキパーティー大集合』リメイク作でSteam版も。名越氏が語る本作の魅力とは?【先出し週刊ファミ通】
  2. 2
    『ファイアーエムブレム 風花雪月』情報総まとめの発売直前特集! ひと足先にプレイしたライターのレビューも掲載【先出し週刊ファミ通】
  3. 3
    『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』竜司、杏、祐介の“新たな”ペルソナが判明! 新スポット“吉祥寺”や3学期に関する新情報も!【先出し週刊ファミ通】
  4. 4
    ハックアンドスラッシュ系アクションRPG『Torchlight 2』9月海外発売予定のPS4/XB1/Switch版は日本でも展開予定
  5. 5
    『ジージェネ クロスレイズ』にシェンロンガンダム(EW版/獠牙装備)、マーズジャケットなどが初参戦【先出し週刊ファミ通】
特設・企画