クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
モンスターに侵略された王国を救うために、捕らえられた住民たちを救助しつつ、敵に立ち向かっていく横スクロールアクション。最大4人までの対戦、協力プレイが可能。
発売日
2018年03月01日
価格
1388円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクションアドベンチャー / 格闘
メーカー
甲南電機製作所
詳細を見る

Little Triangle(リトル トライアングル)(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

横スクロールのジャンプアクションとしては王道的。システム面での目新しさは薄いものの、独特のグラフィックセンスを始め、軽快な操作感、こだわりを感じさせる各種ギミック、アクションのテンポのよさなど、すべての点におけるクオリティーの高さに目を見張る。難度はやや高めだが、チェックポイントが細かく設定され、投げ出してしまうほどではない絶妙なバランス。全体的に丁寧な作りも◎。

週刊ファミ通1528号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

移動とジャンプのみという極めてシンプルな操作で、登場キャラのデザインがユニークなこともあり、パッと見ではライトなプレイヤー向けのようにも思えます。実際には、敵やトラップの配置が巧妙で、なかなかシビアな操作が要求される硬派なアクションゲーム。ボス戦も手強く、攻略のし甲斐があります。対戦や協力でのマルチプレイも楽しめるけれど、もう少し価格が抑えめだったらうれしかった。

週刊ファミ通1528号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

スタンダードな横スクロールのジャンプアクションだが、ライフ制のイージーモードでもだいぶ難しめのバランス。やり込み要素のひとつである“隠しエリアの発見”も、通路が巧妙に隠されているのでやり応えあり。主人公の動きが軽快なので、トラップを避け、狭い足場を飛び移るのにもハラハラさせられる。とくに、ジャンプ後の着地点の微調整が難しく、人によってはイライラするポイントになりそう。

週刊ファミ通1528号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
7

ジャンプと踏みつけだけで進む、『マリオ』系の定番スタイルですが、ステージの構成が凝っている。全体的に難しめだけれど、トラップのパターンやタイミングを覚えれば突破できるいい塩梅だし、チェックポイントも多いので、再挑戦も苦になりにくい。仲間たちを助けたり、隠しエリアを見つけるといった各種やり込み要素も張り合いになります。三角形のキャラたちが、意外に表情豊かなのも見どころ。

週刊ファミ通1528号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
モンスターに侵略された王国を救うために、捕らえられた住民たちを救助しつつ、敵に立ち向かっていく横スクロールアクション。最大4人までの対戦、協力プレイが可能。
発売日
2018年03月01日
価格
1388円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクションアドベンチャー / 格闘
メーカー
甲南電機製作所
詳細を見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  3. 3
    映画『忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』12月公開。土井先生活躍の人気小説がファン待望の映像化
  4. 4
    『ときメモ』30周年記念ライブが5月18日・19日に開催。藤崎詩織役の金月真美らキャストが集結。ファン必見の新“ゲーム風映像”がライブ中に登場
  5. 5
    『ヘブバン』初となる茅森月歌のユニゾンスタイル実装、スキル演出に月歌と和泉ユキのふたりが登場。2/22生放送まとめ【ヘブンバーンズレッド】