クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
1920年代のハードボイルドな世界が舞台。ギャングのファミリーを操作して、マシンガンや火炎瓶といった多彩な銃火器で、つぎつぎと押し寄せるゾンビたちを一掃していく。
発売日
2018年02月01日
価格
925円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
シューティング / アクションアドベンチャー
メーカー
フライハイワークス
詳細を見る

ガンズゴア&カノーリ(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
9

味のあるグラフィックを始め、個性的な登場キャラたち、敵の出現パターンの絶妙さ、そしてステージ構成が◎。ドット絵でこそないけれど、アクションシューティングの名作『メタルスラッグ』シリーズを彷彿させるタイトルです。アーケードゲームのような、難度が高めのゲームバランスで、かなりの歯応えと遊び応えあり。“対決モード”は凡庸な印象ではあるが、この内容で1000円[税込]なのはうれしい。

週刊ファミ通1525号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

ふわりとしたジャンプの軌道や、いまいる足場から下に降りる動作ができなかったりといった、ややクセのある操作感も含め、昔懐かしのガンシューティングアクションのようなプレイ感。タイプの違う複数の銃を使い分けられるのはいいね。ただ、ボタンを押すごとに順送りに武器が切り換わる仕様で、使いたいものを選ぶのにもたつくのは難点。“対決モード”で、シンプルに撃ち合いが楽しめるのは○。

週刊ファミ通1525号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
9

いろいろな銃器をシンプル操作で切り換え、サブウェポンも駆使し、性格や動きの異なる敵をつぎつぎとさばくのに燃える。敵の出現に起伏があり、単調さも感じません。平面的な特徴を保ちつつ、人間くさい動きを見せるキャラや演出効果が活きる背景など、ビジュアル面でのセンスがキラリ。ジャズやシチリア民謡調の音楽もテーマにマッチ。難しいけど、1000円[税込]で何度も挑戦できてお買い得。

週刊ファミ通1525号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

ゾンビを銃で蹴散らして進むが、古きよきアメリカ風のステージとBGM、アニメのように滑らかに動く敵味方を含めたキャラのおかげで、凄惨さは薄味。敵ゾンビも、サンドイッチマンや風船男などインパクト強し。ゾンビパロディーものとして随所にセンスのよさを感じる。システム自体はオーソドックスながら、もうひとつの敵勢力ギャングを活用した敵どうしのつぶし合いを狙えるなど、戦術性は高い。

週刊ファミ通1525号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
1920年代のハードボイルドな世界が舞台。ギャングのファミリーを操作して、マシンガンや火炎瓶といった多彩な銃火器で、つぎつぎと押し寄せるゾンビたちを一掃していく。
発売日
2018年02月01日
価格
925円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
シューティング / アクションアドベンチャー
メーカー
フライハイワークス
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画