クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
海軍派と反海軍派、ふたつの派閥が対立をするジェイルアイランドを舞台に、ルフィが“ゴムゴム”の能力を駆使したアクションでバトルを展開。サイドミッションも豊富。
発売日
2019年03月14日
価格
7600円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
http://opws.bn-ent.net/
詳細を見る

ONE PIECE WORLD SEEKER(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
7

尾田栄一郎先生描き下ろしのオリジナルキャラが登場し、オリジナルストーリーが展開されるのがいい。『ONE PIECE』とオープンフィールドの組み合わせがマッチ。“ゴムゴムの実”の能力とオープンフィールドとの相性がよく、序盤こそ若干のじれったさを感じるものの、探索スキルを覚えると楽しくなってきます。欲を言えば、ボイスによる会話シーンがもっと多く用意されていたら、なおよかったな。

週刊ファミ通1582号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

キャラのモデリングやモーションの出来栄えがよく、開放感のあるフィールドを冒険できるのもグッド。オリジナルのストーリーも興味をそそり、『ONE PIECE』らしい空気感を堪能できるのが魅力。ただ、戦闘が単調になりがちなうえ、ザコ敵を倒してもうま味が少ないのは難点で、プレイの作業感が強まってしまうのがもったいない。海賊団の仲間との共闘感をあまり感じられないのも寂しいかな。

週刊ファミ通1582号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
7

原作のテイストが感じられるオリジナルストーリーと、エリアごとに異なる風景を見せてくれる舞台にワクワク。オープンフィールド風の設計はキャラゲーとして新鮮でしたが、お使い的なイベントも多く、自由を満喫できないことも。ただ、息切れせずに走り続けることができたり、おなじみの能力を活かしたスキルを使ったりでの軽快な移動で、ストレス半減。戦闘がやや単調になりがちなのは惜しい。

週刊ファミ通1582号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 PS4
8

ビルの谷間を飛び回ったり、敵をつかんで距離を詰めて一気に倒したりと、まさに「“ゴムゴムの実”の能力が実際に使えたら!」というアクションが楽しめる。手を伸ばすアクションが快適だからこそ、つかめる場所が少なく感じたり、宝箱の狭い判定範囲が気になったりも。『ONE PIECE』の世界観のオープンフィールドを、ルフィの育成、豊富なクエストなど、自分なりのスタイルで自由に探索できるのは◎。

週刊ファミ通1582号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
海軍派と反海軍派、ふたつの派閥が対立をするジェイルアイランドを舞台に、ルフィが“ゴムゴム”の能力を駆使したアクションでバトルを展開。サイドミッションも豊富。
発売日
2019年03月14日
価格
7600円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
http://opws.bn-ent.net/
詳細を見る

ONE PIECE WORLD SEEKERに関連

すべて見る

ONE PIECE WORLD SEEKERに関連

すべて見る
  1. 1
    『遊戯王 マスターデュエル』新パックの内容が公開。“レッド・デーモンズ”の強化カードや、海外テーマ“ティスティナ”が登場
  2. 2
    『ちいかわ』×くら寿司コラボが3月8日から実施。お寿司になったちいかわたちのキーホルダーが“ビッくらポン!”で当たる
  3. 3
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  4. 4
    実写版『ゴールデンカムイ』ドラマシリーズが発表。『北海道刺青囚人争奪編』がWOWOWで今秋配信
  5. 5
    『サンドランド』つぎの舞台は“森林”世界。“フォレストランド”を表現した鳥山明氏描き下ろしイラストとコメントが到着