クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
2017年の公式ドライバーやチームデータを反映させたシリーズ最新作は、13種類の超ロングコースでドライビングを堪能できる新モードを収録。オンラインマルチプレイ対応。
発売日
2017年11月16日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
レース
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る

WRC 7(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

2017年の新ルールに合わせて、エンジン出力が増したことで、走りが心持ちパワフルに。また、前作よりもコースの凹凸が少し強調されている印象で、とくにドライバー視点では、上下の揺れによってなかなかの臨場感が味わえます。超ロングコースの“エピックステージ”が楽しめるようになったのも○。前作からの着実な進化が感じられる一方、これといった強烈なインパクトがないのはちょっと惜しい。

週刊ファミ通1510号より

レゲー秋山
ファミ通公式 PS4
8

FIA WRC公認のタイトルゆえか、ミスの巻き戻し機能がなくてやり直しはステージの頭から、アシスト機能も最低限というスパルタンさの本格派。それだけに、微妙な加減の各種操作でマシンを御し、うまくコーナーを駆け抜けられたときの喜びは大きい。まさに自分との戦いで、どんどんハマっていける。それでも敷居はやや高く、ラリーでの基本やテクニックの伝授など、初心者向けの手ほどきがあれば。

週刊ファミ通1510号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

ラリーのストイックでスリリングなレース性を再現しつつも、やさしめの設定にすれば、カジュアル寄りのプレイ感で遊べる作りが○。長距離の“エピックステージ”が追加されたのはうれしく、やり応えがあります。全体的には大幅な変化があるわけではないが、細かい部分が着実に進化している印象。キャリアモードが、ありがちな作りで演出も地味めなので、今後のシリーズで強化を期待したいところかな。

週刊ファミ通1510号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
7

シーズン中に、今季のマシンで各ラウンドを追体験できるのがうれしく、ヤリスで走れるのも最高にハッピー。グラベルのバンピーな路面などがリアルに表現され、とくにナイトステージの臨場感はなかなかのもの。ただ、ガチガチゴツゴツとしたイメージからかけ離れたフワフワした動きには、若干の違和感も。ペナルティーがキツく、アシストも弱めになった印象なのは、ファン層が広いだけに惜しい点。

週刊ファミ通1510号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
2017年の公式ドライバーやチームデータを反映させたシリーズ最新作は、13種類の超ロングコースでドライビングを堪能できる新モードを収録。オンラインマルチプレイ対応。
発売日
2017年11月16日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
レース
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る

WRC 7に関連

すべて見る
  1. 1
    【ポケモンSV攻略】最強のリザードンレイド対策&おすすめのポケモン【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    【ポケモンSV攻略】メトロノームの入手方法と使い道。リザードンレイドの周回、金策に便利【スカーレット・バイオレット】
  3. 3
    【ポケモンSV攻略】最強リザードン育成法、活躍のさせ方【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    【ポケモンSV】最強のリザードンのテラレイドバトルが本日(12/2)より開催【スカーレット・バイオレット】
  5. 5
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』の新たな30秒CMに“安西先生”が登場。いよいよ明日(12/3)ロードショー
特設・企画