クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
2014年リリースの作品をプレイステーション VR用にリメイク。エリートハッカーとなり、闇の世界の秘密を暴くために、セキュリティネットワークへ侵入し、難解なパズルに挑む。
発売日
2017年03月30日
価格
1387円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
パズル
メーカー
Archiact Interactive
詳細を見る

Darknet(ダークネット)(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

ハッキング要素とパズルの融合が見事です! ルールはシンプルなのに、戦略性が非常に高く、プレイ中にさまざまな発見ができて、何度も感心させられました。VRの機能を十分に活かしているとは言えないものの、あたかもネットワークのサイバー空間にいるかのような雰囲気を味わえます。DUALSHOCK 4のトラッキングがズレたときに、オプションボタンの長押しでリセットできない点は難ありかな。

週刊ファミ通1480号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
8

ハッキングをモチーフにしたゲームで、専門用語が多くて最初は混乱したけど、ウイルスを送り込む際のコツなどが理解できてくると、おもしろくなってくる。カスタマイズでウイルスを増やすなど、さまざまな手法が用意されていて、どんどんのめり込めます。時間制限つきで長考できないのも、スリルがあっていいですな。パズルゲームとしてはけっこう楽しめるけど、VRにした意味合いは薄めかな。

週刊ファミ通1480号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
7

同時、もしくはタイミングをずらして複数のウイルスを浸食させ、アンチウイルスプログラムに妨害されないようにコアまで到達させる手順を考えるのがおもしろい。隣接するステージに感染する“ヒドラ”や、ステージのセキュリティレベルを下げる“エクスプロイド”を活用しつつ、制限時間がある中で、最終目標に至るまでのステージの攻略順を考える戦略性も○。没入感はあるけど、視覚的な演出は地味。

週刊ファミ通1480号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
7

1980年代のSF小説『ニューロマンサー』を想起させる作品。サイバースペースへのジャックインを、当時のイメージのまま、没入感たっぷりに体験できます。序盤では多少の作業感も覚えますが、使えるツールやパズルの複雑さが増加するにつれて、おもしろみも増してくる構成。時間制限にハラハラさせられるのもナイス。ただ、画面のズレをリセットする機能がなく、操作しづらくなることがあるのは辛い。

週刊ファミ通1480号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
2014年リリースの作品をプレイステーション VR用にリメイク。エリートハッカーとなり、闇の世界の秘密を暴くために、セキュリティネットワークへ侵入し、難解なパズルに挑む。
発売日
2017年03月30日
価格
1387円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
パズル
メーカー
Archiact Interactive
詳細を見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】