クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
アーケードで2011年に稼働して以降、人気を博しているシリーズの最新作。ネットワークモードを搭載するほか、参戦キャラクターが2名増え、総勢16名での闘いが楽しめる。
発売日
2016年11月09日
価格
1833円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
格闘
メーカー
アークシステムワークス
詳細を見る

カオスコード -ニューサインオブカタストロフィ-(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
7

ダッシュ方法や追加技を選べるので、同じキャラでも、プレイヤーごとに違いを出せるのがいいね。それ以外は、2D対戦格闘ゲームとしてはきわめてオーソドックスな作り。キャラのデザインや技のアニメーションなどは、ひと昔前の作品のようなクオリティー。とは言え、モードは必要十分なものがひと通り揃っているし、ネットワーク対戦も可能で1980円[税込]という価格設定は、手を出しやすくてお得感あり。

週刊ファミ通1461号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
9

全体的に、対戦格闘ゲームの初心者でもとっつきにくさを感じることのないシステムが採用されているため、遊びやすい。グラフィックなどはやや古めに感じるものの、手触りに関してはなかなか。やり込めば、ゲージ関連のシステムなどに、だんだんおもしろさを感じられるようになるかなと。オンラインでの対戦も楽しめるし、この価格帯のゲームとしては、完成度はかなり高い部類だと思います。

週刊ファミ通1461号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
7

クラシックなタイプの2D対戦格闘だが、ダッシュを“ラン”と“ステップ”から選べるほか、基本の必殺技以外にも技をふたつ追加でき、同じキャラでもプレイヤーによって違いを出せるのがユニーク。ついにオンライン対戦が可能になったのは、かねてからのファンには喜ばしい。独特の世界観は好みが分かれそうだが、日本のゲームやアニメに影響を受けたと思われるものが散見されるのには、思わずニヤリ。

週刊ファミ通1461号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

それぞれ個性的なのに統一感もある、アニメライクなキャラたちの雰囲気が好き。対戦格闘としては、傑出した要素は見受けられませんが、バトルの前に追加スキルを選択できたり、キャラの色をカスタマイズできるなど、独自性も散りばめられています。必殺技のコマンドを、画面に常時表示させておけるのは便利。ネット対戦が可能ということで、参戦者の増加が期待できる価格設定もうれしいですね。

週刊ファミ通1461号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
アーケードで2011年に稼働して以降、人気を博しているシリーズの最新作。ネットワークモードを搭載するほか、参戦キャラクターが2名増え、総勢16名での闘いが楽しめる。
発売日
2016年11月09日
価格
1833円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
格闘
メーカー
アークシステムワークス
詳細を見る

カオスコード -ニューサインオブカタストロフィ-に関連

すべて見る

カオスコード -ニューサインオブカタストロフィ-に関連

すべて見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    アニメイトで『ゆるキャン△』&『mono』の漫画を買うと特製ブロマイドがもらえる血液センターコラボ応援フェアが開催!
  5. 5
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作