クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
これまでの『MotoGP』シリーズに、ダートトラックやモンツァラリーなどの新モードを追加。タイトルに名を冠す最強のライダー、ロッシの歴史を振り返る3つのモードも収録。
発売日
2016年09月21日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
レース
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る

バレンティーノ・ロッシ・ザ・ゲーム(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

二輪のロードレースだけではなく、ダートトラックやラリーなども楽しめる、バラエティーに富んだ構成。オートブレーキやステアリングアシストなど、充実したサポート機能で、アクションが苦手な人でも遊びやすいバランス。“キャリアモード”は、経験値を溜めてライダーをスキルアップさせるなど、やり込み要素も十分。グラフィックは全体的に美麗だが、プラモっぽいのっぺりした質感は気になった。

週刊ファミ通1450号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

前作までの『MotoGP』とは異なり、バレンティーノ・ロッシ選手にフォーカスした作り。シリーズでおなじみの各モードに加えて、ロッシのキャリアを追体験できるのがうれしい。さらに、ロッシつながりで、モンツァ・ラリーの新モードや、ロッシの故郷のミサノワールドサーキットが収録されるなど、各所にこだわりがある。ただ、ビジュアル面で、前作からの大きな進化が感じられないのは惜しいかな。

週刊ファミ通1450号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

くり返しレースで走ることで経験値を手に入れ、ブレーキングやコーナリングなどのスキルのレベルを上げていく仕組みは、レースゲームでは珍しいしユニーク。ロッシのキャリアを追体験できるモードでは、名シーンを再現するレースに挑めるのは楽しいし、本人が過去を振り返る映像が見られるのが○。ラリーや、クルマでのドリフトの腕前を競うなど、バイク以外の毛色の違うレースがあるのもいい。

週刊ファミ通1450号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

ロッシ本人がルールを解説したり、ボイスメールをくれたりと、リッチな内容。“キャリアモード”は、操作感覚が大きく異なるダートも走るうえに、変わったルールもあって飽きさせない。マシンのセッティングは絞り込み式のガイド付きでわかりやすく、全体的に『MotoGP』のシリーズ過去作と比べてとっつきやすいね。背景にもう少し精細さが欲しいけれど、ロッシの魅力はそれを差し引いても余りある。

週刊ファミ通1450号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
これまでの『MotoGP』シリーズに、ダートトラックやモンツァラリーなどの新モードを追加。タイトルに名を冠す最強のライダー、ロッシの歴史を振り返る3つのモードも収録。
発売日
2016年09月21日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
レース
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る

バレンティーノ・ロッシ・ザ・ゲームに関連

すべて見る
  1. 1
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  2. 2
    『コール オブ デューティ』のプレイステーションへの今後の方針をXboxトップのフィル・スペンサー氏が明かす。既存の合意分は維持、フランチャイズの展開も当面は継続か
  3. 3
    【ますますマンガで分かるFGO】今回のテーマはスキル演出の早送り。漫画231話“高速化”が公開
  4. 4
    『ちいかわ』×ドン・キホーテのコラボグッズが2月5日より販売。ちいかわたちがドンペンの帽子を被ってさらにかわいく!
  5. 5
    ファミコン通信の創刊号~第3号の電子版が“BOOK☆WALKER”で無料配信中。読み放題サービスに加入するとすると約300号ぶんの週刊ファミ通も読める!