クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
海外で人気を博した作品をローカライズ。騎士を操り、ショベルを武器に、邪悪な魔女のエンチャントレスを倒し、行方知れずとなった恋人を捜し出すことが目的。amiibo対応。
詳細を見る

ショベルナイト(Wii U)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Wii U
9

昨今、懐かしさを感じさせる8ビットテイストを売りにした作品も多いが、本作は、すべての点において、完璧にファミコンゲーム風に仕上がっている。グラフィックや音楽といった“ガワ”だけでなく、内容もすばらしい。ファミコンの名作『リンクの冒険』や『ロックマン』、『悪魔城ドラキュラ』などに匹敵するデキと言っても過言ではない。Wii U版は、amiiboを使ってふたり協力プレイができるのも○。

週刊ファミ通1438号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Wii U
8

ファミコンの名作アクションの持つおもしろさを採り入れようとした作品は数あれど、これほど高いクオリティーでうまくまとめているのはたぐいまれ。懐かしい8ビット風のグラフィックは、背景なども美しく描かれ、軽快なチップチューンもテンションを高めてくれる。アクションはシンプルだが、ショベルを使って土を掘り起こしたり、隠し通路を探すのがアクセントとなっていて、操作が楽しい。

週刊ファミ通1438号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Wii U
8

原理主義的でもなんちゃって風でもない“ファミコンゲームらしさ”の表現が見事。狭い足場のジャンプ移動が当然のように要求されるなど、難度は全体的にやや高めですが、隠し通路の発見や、ボス攻略を気軽に楽しめるリスタート関連のシステム、作り込まれたストーリー要素により、根気よく遊べます。操作感は、Wii U版のWii U GamePadのほうがしっくりきますが、3DS版の丁寧な3D立体視も魅力です。

週刊ファミ通1438号より

くしだナム子
ファミ通公式 Wii U
9

絵、音楽、マップ構成など、ファミコン時代の作品を徹底的に意識しつつ、現代に即したレベルデザインとユーザーインターフェースでまとめている点が見事。ショベルの使い勝手はアイデアもので、掘ったり下突きしたりする感覚も気持ちいい。不思議な生物の踊りなど、遊び心のある演出も楽しいです。作風もあって、革新的な要素こそありませんが、このクオリティーをこの価格で楽しめるとはお得。

週刊ファミ通1438号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
海外で人気を博した作品をローカライズ。騎士を操り、ショベルを武器に、邪悪な魔女のエンチャントレスを倒し、行方知れずとなった恋人を捜し出すことが目的。amiibo対応。
詳細を見る

ショベルナイトに関連

すべて見る

ショベルナイトに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画