クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
『ドラゴンボール』の世界を冒険して、おなじみの戦士たちと出会い、育成する。相性のいい戦士どうしを“フュージョン”させて最強の戦士を生み出し、5対5のバトルを展開する。
発売日
2016年08月04日
価格
5700円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
http://dbpf.bn-ent.net/
詳細を見る

ドラゴンボールフュージョンズ(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
9

デフォルメされたキャラクターの見た目のかわいさはもちろん、原作の世界観を上手に活かした作り。舞空術で飛び回りながらのマップ探索は心地いいし、位置取りが戦略性のひとつとなる、おはじきのようなバトルも斬新でおもしろい。ただ、バトルの参加キャラが多いと、ごちゃついて視認性が低下。1試合が長くなりがちなところも難。とはいえ、トータル演出やデザインは秀逸で、遊びやすさがある。

週刊ファミ通1443号より

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
8

“フュージョン”が可能な相性はある程度決まっているものの、『ドラゴンボール超』やアラレちゃんなど、大勢のキャラクターが登場するので、ワクワクできる。最大5対5のチームバトルは、仲間によるサポートや“ぶっとばし”でのリングアウトなど、従来の『ドラゴンボール』作品にはないおもしろさがある。バトル時の演出も派手でにぎやか。ほかにも仲間集めや育成、対戦といった要素があり、遊び応えは十分。

週刊ファミ通1443号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

『ドラゴンボール』のさまざまなキャラクターを組み合わせて、“フュージョン”での合体した姿を見られるのは、じつにおもしろい。バトルは、ちょっと時間が長いように感じるときもあるが、仲間の追撃やリングアウトを意識した位置取り、“かくとう”と“きだん”の使い分けなど、戦略性のあるチーム戦なので楽しい。相手をスカウトする際に使う“全開アタック”での、スピーディーなアクション要素も○。

週刊ファミ通1443号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
8

悟天とトランクス以外も“フュージョン”できたら、という発想がナイス。原作キャラクターは、組み合わせがある程度決まっていたりするけれど、融合っぷりは見応えあり。戦闘中に仲間5人でフュージョンする大技も、バリエーションがあって楽しいね。コマンドバトルだけど、ビリヤードの要領で敵を弾くことによって、原作アニメのようなスピード感と、戦略性が味わえる。おまけのカメラ機能もグー。

週刊ファミ通1443号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
『ドラゴンボール』の世界を冒険して、おなじみの戦士たちと出会い、育成する。相性のいい戦士どうしを“フュージョン”させて最強の戦士を生み出し、5対5のバトルを展開する。
発売日
2016年08月04日
価格
5700円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
http://dbpf.bn-ent.net/
詳細を見る

ドラゴンボールフュージョンズに関連

すべて見る

ドラゴンボールフュージョンズに関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  3. 3
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  4. 4
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  5. 5
    『Death’s Door』死神のカラスが扉を越えて魂を狩り尽くすアクションアドベンチャー【とっておきインディー】