クロスレビュー

平均

8.0

3ユーザー

スコア

;">
5.7
“従魔”を使役して“邪妖”と戦う聖騎士アーナスと、夜の君を封じる生贄に選ばれた聖女リュリーティス。ふたりの少女の想いが錯綜し、過酷な宿命に翻弄されていくRPG。
発売日
2015年10月01日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
ガスト
詳細を見る

よるのないくに(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
7

“従魔”と呼ばれる仲間に指示を出しながら戦う共闘感が心地いい。だが、ボス戦では攻防の駆け引きが味わえるものの、ザコ敵との戦いは比較的力押しでなんとかなってしまう印象で、従魔への指示出しや入れ替えなどの必要性が感じられにくかった。物語の展開がゆったりしていて、従魔がなかなか増えにくいというもどかしさも。従魔のカスタマイズやデッキ構築の戦略性など、やり込み度は高め。

週刊ファミ通1399号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

秀逸なデザインに加えて、それぞれが宿命を背負った、ふたりの少女の存在が最大の魅力。少女どうしの結びつきや心の葛藤が描かれ、ときには魅惑的な衣装になったりと、その手のシチュエーションが好きな人にはたまらない内容。“従魔”の召喚と育成、武器チェンジ、変身など、システムが多彩で遊び応えがある。複数の敵味方が入り乱れるバトルは、状況の把握がたいへんだが、にぎやかで楽しい。

週刊ファミ通1399号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

“従魔”を連れ、従魔バーストを活用してのバトルは、派手で気持ちいい。デッキグループの切り換えや、同時に変身時のフォームを変えられるほか、武器の変更など、状況に応じて多彩な作戦を取れるのがいい。敵と同じ姿の従魔を連れていると、パッと見で敵味方を見分けづらい点は気になるかな。キャラの美しさや物語の雰囲気は魅力的で、少女たちの美麗さを堪能したい人には据え置き機版がオススメ。

週刊ファミ通1399号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

女の子どうしの一途な愛が前面に押し出されていて、ビジュアルも眼福もの。若干、演出面で惜しい部分が見られるものの、運命に翻弄される少女の物語は甘く切ない。主人公の動きはスピード感があり、変身すれば豪快に戦えます。お供の“従魔”たちはにぎやかで、行動指示も簡単に出せるし、技も比較的頻繁に使えるところもいいね。従魔を集める楽しみもあるが、欲を言えば、名前は自由につけたかったな。

週刊ファミ通1399号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

モグモグ
PS4 2022-06-13 13:31:11投稿
2

悪かった点
攻撃が単調で効果音が悪く爽快感がないのはつまらないと感じた。
また、ホテルとダンジョンを行き来するだけで単調で時間制限があるのは邪魔だと思った。

総評
もう少し単調さや遊びにくさを改善して欲しかった

ぱんだま
PS4 2018-10-08 01:36:24投稿
7

良かった点
ダークファンタジー的世界観
強い仲間たち
コレクション要素

悪かった点
シナリオ設定が説明不足
ボタン操作がややこしい
画面が派手過ぎて戦闘中何やってるのか見えない

総評
良いのか悪いのか、人によって判断別れるところだと思うのは、
・GL(ガールズラブ)・百合要素がっつり
 →自分はそんなに気にならなかったけど、「友情」っていって躱すシーンもあるので、どっちやねんとは思った
・素肌見えすぎ谷間見せすぎ
 →個人的には、納得できる理由なく性的な表現をされるとむしろ下品に感じる(奉納のときのアーナスの衣装とかそう)のでマイナスポイント

世界観は良かったんですが、もう少し丁寧な説明が欲しかった。
10世紀のヨーロッパ辺りでの話らしいんだが、当時の人々の生活がまったくといっていいほど描写されないので、異世界感バリバリ
拠点になるホテルと、戦闘のためのフィールドだけの行き来、限られた数人の登場人物だけで話ができているので隔世感が半端ない
自分ら以外、もう生き残りはいないんじゃないか?と何度も思った
これで「世界を救う」とか言われても、ピンと来ない…世論的にはどうなの?

「教皇」「妖魔」などという単語が出てきて、ファンタジーに慣れた人にはお馴染みなのでまだ想像できるけど、そうじゃなきゃつらい
教皇庁って何やるところだよって思ったし 宗教…なのかな…
会話上のキャラクターや謎現象(電話とか)ももっと掘り下げ欲しかったなー
説明のないところはすべて「ファンタジー世界だからいっか」ってことで自分を納得させたw

モンスターを従魔として連れて行けて、一緒に戦ってるくれるけど
編成のバランス次第ではかなり強い
アーナス(主人公)をレベル9までは上げたんだけど、装備が悪いのかなんなのか、正直全然強くなかった
ラスボスまで従魔に倒してもらったほどw
1回に召喚できるのが最大4体、技を使うように指示もできるけど、乱戦になるとまあ誰が何やってるのか、さっぱりわからなくなる
技の効果範囲も全然わからん。

全体的に、可もなく不可もなくという感じ
フリープレイだからやったけど・・・うん。


***

このソフトに限った話じゃないけど、このくらいのボリュームであれば、配信専用にして価格を抑えても良いと思う。ブルーレイ高いし。
ゲームはパッケージで買いたい派だけど、でも同じ値段でもっと遊べるゲームもあるしなあ、と思ってしまう
ゲーム業界も大変だけどね、でも現実を見るとPSの頃みたくどんなゲームでも作れる&売れるほどリッチな時代ではない

千葉子
PS4 2017-07-11 01:11:47投稿
8

良かった点
1、素晴らしすぎるキャラクターデザイン
キャラデザの細かさには驚かされました・・・そしてそれを細部まで綺麗に再現しているところが素晴らしい。
ファンタジー系の美少女をここまで綺麗に表現できたゲームはこれだけじゃないだろうか。
特に敵キャラのデザインはいちいち凄い。
人型のキャラも当然ならが、各エリアのボスはモンスターなのだが、そちらも非常に世界観とマッチングしており、まさに「ふつくしい」。

2、ガスト音楽
どこかバロック風な雰囲気が漂うゲームなので、音楽もそれにマッチしたものとなっているのだが・・・凄すぎる。
サントラがプレミアムボックスにしかついてないのが残念なレベルなのだが、プレミアムボックスを購入してでもサントラがほしくなる。(実際買いなおした)
最初のステージのボスからラスボス級のめちゃくちゃかっこいい曲が流れ出す。
ピアノとヴァイオリンの使用率が非常に高く、バロック調の世界観にマッチした優雅さを持ちながらも、美しい儚さを出している。

3、美しき百合
そして何よりこれだろう。
儚い物語が好き、そして何より百合好きなら必ずやるべきゲームだと思う。
既に主人公とヒロインは形が出来上がっているのだが、儚い運命に立ち向かう主人公と、そんな運命を受け入れようとするヒロインの物悲しい物語はとても美しい。
また、女性キャラが非常に多くを占めるキャラではあるが、主人公の味方である男性陣も味があって良い。男性陣がいなければこのゲームは締まらない。

4、戦闘の難易度
なかなかに高めであり、システムをしっかり理解していなければクリアは難しい。
今作ではプレイヤーキャラであるアーナスはほぼ戦わず、従魔という召喚獣みたいな奴らに戦わせることになるので、アクションRPGではあるがうまく指示を出さなければならない。(アーナスも戦えるがほとんどサポートに徹する)
慣れてもボスは強敵がいる為、油断の出来ない作りとなっている。
特にクリア後のおまけボスは救済処置を使わないとかなりきつい。

悪かった点
1、ストーリーについていくのがちょっと大変
会話がいきなりすぎて、初プレイ時は「・・・ん?」という状態に。
会話の端々に伏線があって、ストーリーをすすめると解明していくとかそういう類のものではなく、このゲームの設定が最初からさもプレイヤーが知ってるかのように始まる。
あとから「あ、そういう関係か」とか「そういう設定なのね」とか呑み込める様にはなるが、最初はいきなりすぎて「?」状態になってしまうかもしれない。
でも話は決して意味が分からないとかではなく、突然すぎて思考が追いつかない、みたいな感じなので、クソストーリーだとかそういったことは決してない。

2、爽快感はあまりない
戦闘はなかなか面白いシステムだが、何分メインで戦うのが従獣なもので、敵をずばずば倒す事ができない。アーナスのアクションはバリバリアクロバティックなのに・・・。
ストーリーをすすめるとアーナスが変身できるようになり、敵を一掃したりできるようになるのだが、それは気持ちいい。

3、会話のテンポ
なんとなーーーくテンポ悪い。
次のシーンにすっと移れないのか、変な間が空いたりするので、会話のキャッチボールがおかしい。こういうのって仕方ないのかな・・・?

4、ここは好みの問題だけど
リュリーティスの乳がでかすぎておかしい。
せっかく可愛い服を着て、可愛い顔をしているのに、あまりの乳のでかさに立ち姿がなんかおかしい・・・。
もうちょっと乳を小さくしても普通に可愛らしくなるのに、乳はでかくすりゃええってもんじゃない。

5、不完全燃焼感
どのキャラも個性的なのだが、キャラについて語られなさ過ぎる。
もっとキャラ1人1人掘り下げてほしかった。

総評
良作とも言えないが駄作とも言えず、かなり好みの分かれる作品となっている。
可愛い女の子が見たい、百合が好き、儚いストーリーが好き、バロック調の世界観好き、ガスト音楽好き、という方はやるべきゲーム。
零シリーズが好きな人は好きかもしれない。

無料追加コンテンツにて、主人公の過去やラスボスについての物語がノベル形式ではあるが追加されているので、後付かもしれないけれどこれのおかげで非常にこのゲームの世界観に入りやすくなっている。(一部キャラについてかなり掘り下げられている)

クロスレビュー

平均

8.0

3ユーザー

スコア

;">
5.7
“従魔”を使役して“邪妖”と戦う聖騎士アーナスと、夜の君を封じる生贄に選ばれた聖女リュリーティス。ふたりの少女の想いが錯綜し、過酷な宿命に翻弄されていくRPG。
発売日
2015年10月01日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
ガスト
詳細を見る

よるのないくにに関連

すべて見る

よるのないくにに関連

すべて見る
  1. 1
    【ポケモンSV攻略】最強のリザードンレイド対策&おすすめのポケモン【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    『パルワールド』最新PV公開。広大な世界で多種多様な生物“パル”と出会い、捕獲、育成、強制労働、売り飛ばし、解体、食用化などが楽しめる
  3. 3
    【ポケモンSV攻略】最強リザードン育成法、活躍のさせ方【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    【ポケモンSV】最強のリザードンのテラレイドバトルが本日(12/2)より開催【スカーレット・バイオレット】
  5. 5
    【FGO】12/4生放送 奈須きのこ氏コメントまとめ。第2部第7章ではインフレの極致を味わえる?【ストーリーのネタバレ注意】
特設・企画