『ドラゴンクエスト』シリーズの名曲を60曲以上収録。画面を流れる“トリガー”をタイミングよくタッチやスライドさせて音楽を奏で、高得点を目指す。すれちがい通信対応。
発売日
2015年03月26日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アクション
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

シアトリズム ドラゴンクエストのレビュー・評価・感想

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
8

リズムゲームではあるものの、随所に『ドラクエ』らしいシステムが詰め込まれ、冒険やバトルをくり返して物語を進めていくRPG的な楽しさが味わえる。ゲームモードは多彩で、初心者から上級者までが遊べる幅の広さも◎。一部に、リズムマークが見にくく感じる演出も見受けられたが、そこは慣れかな。さまざまな要素が上手に絡み合い、やり込み甲斐のある内容。丁寧な作りで、手触り感も心地いい。

週刊ファミ通1373号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

難易度選択に加え、タッチかボタン、その併用のいずれでも操作でき、スライドトリガーがないモードにも切り換え可能と、幅広い人が楽しめる設計がすばらしい。戦闘とフィールドの曲が多い印象で、もっと聴きたいものもあったが、数々の名曲で遊べるのはテンションが上がるし、原作のドット絵の映像が流れる演出も感慨深い。オリジナルが偉大ゆえに、アレンジされた絵柄は若干違和感を覚えるかも。

週刊ファミ通1373号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
9

やっぱり『ドラクエ』の音楽はプレイしていて盛り上がります。トリガーが画面奥から手前に降りてくるので、最初は感覚がつかみにくくも感じたけれど、すぐに慣れました。会心の一撃やテンションアップ、メタルスライム出現など、戦闘のエッセンスが入っているのも楽しい。また、ラーミアが飛んでいたりと、その曲ならではの演出が入っているのもニクいね。ファミコン音源の曲があるのもうれしい。

週刊ファミ通1373号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 3DS
10

『シアトリズム』シリーズの特徴である音の気持ちよさに、思い出たっぷりの『ドラクエ』シリーズのメロディーが乗っているわけで、おじさん的には「涙で前が見えましぇん!」状態。本作から導入された“すごろくモード”はちょっと毛色が違い、贅沢すぎる箸休めといった様相。なじみ深いキャラたちも、かわいらしいグラフィックで登場します。めくるめく名曲の海に溺れる幸せを、ぜひぜひご堪能あれ。

週刊ファミ通1373号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

しゅくりむ
3DS 2016-09-09 23:04:11投稿
9

良かった点
オーケストラバージョンで入ってる。
良くわかってるなぁ、という度定番の収録曲。
タッチ操作が気持ちよく楽しい。
ミスを減らして曲をクリアがすべてじゃない。
DLCで原曲は嬉しい人が多い、と思う。

悪かった点
度定番しかない曲。DLCが無料は嬉しいけど、でも少ない。

総評
Ⅰ~Xまでの定番の曲がオーケストラバージョンで入ってるのでとってもゴージャスな感じです。
オーケストラはXしか聴きに行ってませんが、その時の感動がよみがえる思いです。
戦闘、ボス、フィールドを抑え、あとは人気の高い曲を入れた感じ。
DLCで原作クリア時の曲があるのもいいですね。WiiでDQやった感動が。。

難易度は、ふつうは割と誰でも楽しめるモード。簡単、ではなくふつう、なのがやさしさを感じる。
難しい。本番はここから、といった難易度。その分音をつかむ楽しさは抜群。
激ムズ、所見はクリアきつい。。やりこみガチさん用でしょうか?クリアできるとすっごい嬉しい。

リズムゲームとしてのみではなく戦闘、フィールド、イベントとあるのも面白いです。
キャラを育てて挑まないと、曲はクリアしてもステージをクリアできない。
試合に勝って勝負に負けた気分になります。
LVさえ上げればある程度適当なパーティでも勝てますが。
僕は戦闘のしくみは理解してないのでパーティはめちゃめちゃでしたよ。


原曲ままがほとんどない、ということで低評価を受けてますが、僕にはこの贅沢な音源で遊べるというのがなによりも最高です。遊んだ当時の感動以上に、その音楽をリッチに楽しめるのはとても嬉しいですし楽しいです。

是非カーテンコールも出して欲しいですね。

トットテルリ
3DS 2015-03-30 18:17:29投稿
8

良かった点
【音ゲー初心者でも楽しめる内容】
譜面の難易度は普通、難しい、激ムズとありますが、そのままEASYとNORMALとHARDです。


最初は普通はでも充分進めますし、慣れてきたら難しいでプレイしてればクリアーまでは大丈夫です。


激ムズレベルになると音ゲー初心者はアワアワしちゃって途中でゲームオーバーしてしまいかすが、難しいレベルでクリアーまでは問題ないです。
難しいレベルでも上手く操作できれば楽しいし、満足度は高いです。


激ムズが必要になってくるのはまだ未確認ですが、すごろく場の後半だと思うので、やり込み要素の一つです。クリアーまでは普通と難しいの2つでもクリアーは可能なので音ゲー初心者でも楽しめてクリアー出来ます★


【育成はサクサクで楽しい】
選んだキャラクターでパーティを組んで曲クリアーすると経験値が手に入ってレベルアップします。

これがドラクエとは思えないほどに簡単にレベルアップし、レベル99にするのも容易です。特に道具に元気玉を入れて、すごろく場のボス以外の戦闘を行えばとんでもない量の経験値が手に入るので、いくらでも転職したりパーティメンバーを変えたりと気軽に楽しめます★

悪かった点
【登場キャラクター】
少なくとも、ドラクエヒーローズに出てきたキャラは今回無しにして、他のキャラを充実させて欲しかった。

開発会社はヒーローズと別なのはわかっているが、最終的にはドラクエを統括して見ている人間がもう少しキャラクターバランス見てくれてもいいのではないか?仮にもドラクエナンバリングシリーズが関わってくるお祭りタイトルの発売日が近かったせいで『なんでヒーローズにこいつ出てるのに、このキャラいないんだ!』と感じる部分があった。


作品の傾向上仕方ないとは言え、ドラクエ3と9は主人公1人しかいなかった。
ドラクエ1はローラ姫を加えて2人になっているので、他のシリーズでも非戦闘キャラも入れて欲しかった。3ならオルテガでもいいけど。
(もしかしたら、条件解放で隠しキャラなどが用意されているのかもしれないけど、とりあえず普通にオーブを集めている状態では手に入らなかった)



【曲はもう少し欲しい】
現状でも充分堪能させて貰っているし、今後無料DLCにて配信されるのはわかっているが、それでももう少し用意させて欲しかったかな?挙げればキリがないけど、あの曲は無いのか……という思いは生じた。

また今後やり込み要素を淡々とプレイしていくにしても、これ以上曲が増えないとなるとやり込み要素が多ければ多いほどマンネリ化しそう。

総評
チャレンジモードの序盤と上級クエストは全てクリアー。スタッフロールは一定以上のリズポを溜めればボス戦が始まり、倒せばエンディング。
すごろく場は15種類ほどクリアー済み。


細かい部分を見ればUIなどもう少し……というのもあるけど、基本的にはドラクエシリーズが好きであればオススメです★


どの曲も『あー、あったあった。改めて聞くとどれも好きだなぁ』と嬉しい気持ちになるし、上手くプレイ出来ると楽しいです。
それでいて、チャレンジモードが色々とあったり、すごろく場もやってもやってもどんどん追加されていくのでクリアーまでは全く飽きずにプレイ出来ます。育成に至ってはやり易くていつまでもやってしまう中毒性もあります★


すごろく場は進んでいくと、すごろく場の曲の難易度が普通から難しいに変わっていたため、もう少しプレイしていけば激ムズが出てくるのかもしれません。
また、すれ違い通信で竜王などのボスモンスターの石板の欠片を集めていくことができます。

おそらくこのボスモンスターの石板が、やり込み要素の大きいポイントだと思います。まだ未プレイですが、ただ強いだけなのか。それともクリアーすると隠しキャラなどなにかご褒美があるのか?まだ全然すれ違い通信出来ていないので未確認ですが、ゲーム内でやれること自体はクリアーしてからも結構あります。


音ゲーは正直苦手!という方でもクリアーまでは問題なく楽しめますのでドラクエシリーズが好きな人にはとにかくオススメです( ´ ▽ ` )ノ

『ドラゴンクエスト』シリーズの名曲を60曲以上収録。画面を流れる“トリガー”をタイミングよくタッチやスライドさせて音楽を奏で、高得点を目指す。すれちがい通信対応。
発売日
2015年03月26日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アクション
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る
  1. 1
    【厳選】TGSコンパニオン&コスプレイヤー写真リポート/その4【TGS2019】
  2. 2
    えなこさんら4人がコスプレで『Witch's Weapon -魔女兵器-』の魅力をお届け! 出演声優の生ボイスや主題歌ライブもあったステージをリポート【TGS2019】
  3. 3
    『フェアリーテイル』原作の魅力を最大限に楽しめるゲームに! 菊地プロデューサーインタビュー【TGS2019】
  4. 4
    『ロマサガ3』リマスター版で「私が町長です」に新たな展開が!? 主人公8人クリアーするとどうなる?【TGS2019】
  5. 5
    『ゼルダの伝説 夢をみる島』や『AI: ソムニウム ファイル』などが登場! 今週発売されるゲームソフト一覧【2019年9月16日~2019年9月22日】