クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
お料理作りを楽しむシリーズの最新作は、スイーツ作りがテーマ。作ったスイーツをお店に並べてお客さんを笑顔にすれば、イベントが発生して、お店が大きくなっていく。
発売日
2014年11月06日
価格
4600円 [税抜]
対応機種
3DS
メーカー
オフィスクリエイト
詳細を見る

クッキングママ わたしのスイーツショップ(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
7

写真を撮る、店で売るといった、これまでのシリーズにはなかった要素が追加されたことにより、遊びの幅が広がった印象。全体的に作りは丁寧で遊びやすく、こだわりが感じられるスイーツのグラフィックは目でも楽しめる。食育ソフト的な位置づけとしては非常にいいが、アクションゲームとしての爽快感や戦略性は薄め。レシピの量は多いものの、調理工程によっては多少の手間や間延び感もある。

週刊ファミ通1352号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

単に料理の完成を目指すだけでなく、デコレーションや組み合わせを選ぶなど、自分なりのデザインが可能で、スイーツを扱ったタイトルならではの楽しみかたがあるのがグッド。作ったスイーツが自分のお店にどんどん並んでいくのはうれしく、お店の模様替えができるのもいいね。作れるのがスイーツに限られているため、似た工程を踏むこともあるけれど、多種多様なものを作れるところは楽しめる。

週刊ファミ通1352号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
8

本格的なお菓子がたくさん登場し、レシピが増えるたびにワクワク。混ぜるタイミングを計ったり、舞い上がった粉を吹き飛ばしたりと、ひとつひとつの作業に遊びの要素が加えられているのはさすが。デコレーションを写真で残せるのもうれしい。また、お店モードでは、難しさは排除しつつも、お菓子の配置や店内のインテリアにこだわれるのがいいね。世界各地に出店できるのもやり込み甲斐あり。

週刊ファミ通1352号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 3DS
7

女児向けのシリーズとしてのコンセプトはブレがなく、“おままごと”としての遊びがうまく再現されている。スイーツに絞られているが、メニューも豊富で、お菓子作りの要所を体験できるので、実体験への興味の入り口としてもよくできている。できあがりのグラフィックは、とてもおいしそうで、ついつい食べたくなってしまうほど。シリーズ初となるお店での販売は、少しでもゲーム性があればよかった。

週刊ファミ通1352号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
お料理作りを楽しむシリーズの最新作は、スイーツ作りがテーマ。作ったスイーツをお店に並べてお客さんを笑顔にすれば、イベントが発生して、お店が大きくなっていく。
発売日
2014年11月06日
価格
4600円 [税抜]
対応機種
3DS
メーカー
オフィスクリエイト
詳細を見る

クッキングママ わたしのスイーツショップに関連

すべて見る
  1. 1
    『ドラゴンクエスト』堀井雄二氏が“グリコのおもちゃ”を制作! ゲームにも活きるオマケ的発想の根源と『DQ』最新情報に迫る
  2. 2
    『ウマ娘』ローソンコラボキャンペーンが12月13日より開催。キタサンブラック、サトノダイヤモンドたちの限定クリアファイルがもらえる!
  3. 3
    【ポケモンSV攻略】最強のリザードンレイド対策&おすすめのポケモン【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    『ガンダム 水星の魔女』12月18日の放送は休止。第1クール最終回となる12話までの放送スケジュールを公開
  5. 5
    『ワールドトリガー』天羽月彦が適合した黒トリガーの情報などが公開。天羽が玄界人(三門市民)ということも公式TwitterのQ&Aで明かされる
特設・企画