真・三國無双7 Empires(エンパイアーズ)(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

エディットやシミュレーション要素がパワーアップし、プレイヤーごとの“三国志”がより楽しめる作りに。自由度の幅が広がった反面、多少の煩雑さもあり、何度もくり返しプレイして少しずつコツを覚えていくという印象も。とはいえ、プレイヤーの地位によって人間関係や勢力が変わるなど、戦略性は高く、じっくりやり込める奥深さがある。戦闘は、爽快感はあるがプレイ感覚はシリーズ作品と同じ。 (

週刊ファミ通1354号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

“争覇モード”は、自由度が高いぶん、やや難しい感があり、じっくりやり込む人向けのチューンアップという印象。だが、難易度の選択次第で手応えもだいぶ変わるので、間口は決して狭くはない。“大規模秘計”などを活用した戦闘は、戦略の練り甲斐がある。パワーアップしたエディット機能は、顔のシワまで設定できるようになり、作り込むのが楽しい。兵士や軍馬のエディットも可能で、総じて満足度は高い。

週刊ファミ通1354号より

梅園ウララ
ファミ通公式 PS4
8

いち兵士からのし上がったり、君主にも関わらず国を去ったりといった行動が、称号や生き様として評価されるのがおもしろく、いろいろ試したくなる。戦闘では大規模な“秘計”が成功したときはうれしさもひとしお。逆に、仕掛けられた秘計の阻止も燃える。エディットもパーツが豊富で、自軍のカスタマイズが楽しい。欲を言えば、武将名などがソートできるとよかった。3機種では、鮮明さはPS4版に軍配。

週刊ファミ通1354号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS4
9

一騎当千の爽快なアクションと、本格的な国取りの両方を体験できる、ひと粒で二度おいしい作りに大満足。シミュレーション要素が本格的なぶん、やや敷居は高いが、難易度“天国”ならサクサク進むので、初心者でも気軽に楽しめます。豊富なエディット要素や、獲得した称号で操作武将の生き様がつぎつぎと変わっていく仕組みもおもしろいけれど、生き様によって特別なイベントが発生しないのは残念。

週刊ファミ通1354号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

真・三國無双7 Empires(エンパイアーズ)に関連

すべて見る
  1. 1
    新作オープンワールドRPG『鳴潮(Wuthering Waves)』は終末世界で探索・バトル・収集を楽しめる。TGS2022ではボス戦に挑める試遊出展も
  2. 2
    PS5『Stellar Blade』の発売日が4月26日に決定、2月7日に予約受付開始。約6分の最新映像が公開【State of Play】