クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作の主人公は、永い眠りから現代に蘇ったドラキュラ。ドラキュラへの復讐を目論む宿敵のサタンを倒すべく、みずからの血や闇の力を武器に進む。
発売日
2014年09月04日
価格
7600円 [税抜]
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
KONAMI
詳細を見る

悪魔城ドラキュラ ロード オブ シャドウ2(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 Xbox 360
8

戦闘スタイルが複数あるうえに、スキルも豊富。好きなものにこだわるもよし、華麗に組み合わせるもアリと、自由度が高い。バトルは爽快で、スキルをイメージ通りに組み合わせられるとおもしろくなってくる。つかんでトドメを刺す演出はかっこいいが、見慣れるとテンポが悪く感じられた。独特の世界観は雰囲気があっていい。ただ、謎解き関連は、相当気がつきにくいものもあり、好みが分かれそう。

週刊ファミ通1343号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Xbox 360
7

ゴシックな雰囲気のステージや迫力のあるボス戦など、グラフィックは魅力的。カメラアングルを自由に変えられるようになるほか、QTEを“なし”に設定することも可能など、前作からの改善点が見られるのは○。随所に挿入される演出やヒントを見せるシーンは、丁寧ではあるが、操作を中断することが多く、テンポよく遊びたい人にとっては若干わずらわしい。ストーリーは、ちょっと引きが弱く感じた。

週刊ファミ通1343号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 Xbox 360
8

“悪魔城”の名にふさわしい退廃的な世界観を再現するグラフィックはとても美麗で、耽美的ですらあるほど。意外にもシリーズ初となる、ドラキュラが主人公を務める本作だが、見た目は派手ながらも複雑すぎないアクションは、ひとつひとつの手触りが重厚で、マッチョな印象。カメラ操作やフィールドでの自由度が改善されるなど、なかなかの親切設計なので、ゲーム初心者でも迷うことはないはず。

週刊ファミ通1343号より

くしだナム子
ファミ通公式 Xbox 360
9

序盤からしっかり難しい『ドラキュラ』らしさ健在の一方で、チェックポイントから再開できる前作同様の仕様に感謝。本作では、コウモリを従えたりネズミに化けたり、吸血でとどめを刺したりと、ヴァンパイアならではのダークなアクションに快楽を覚えます。宿命の血統や悪に堕ちる聖者など、幾多の時代を飲み込んだ一連の物語は、たとえるなら映画『スター・ウォーズ』サーガにも迫るスケール感ですね。

週刊ファミ通1343号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作の主人公は、永い眠りから現代に蘇ったドラキュラ。ドラキュラへの復讐を目論む宿敵のサタンを倒すべく、みずからの血や闇の力を武器に進む。
発売日
2014年09月04日
価格
7600円 [税抜]
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
KONAMI
詳細を見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画