428 〜封鎖された渋谷で〜(Wii)のレビュー・評価・感想情報

レオナ海老原
ファミ通公式 Wii
10

複数の物語がJUMPで絡み合う巧みなシナリオ&演出は、名作『街』以上に最高の時間をプレイヤーに与えてくれる。1時間おきに進む展開や操作性のよさも、没入感を促進させてくれて文句なし。凝りに凝った本編の質の高さとともに、我孫子氏によるボーナスシナリオも極上!

週刊ファミ通1043号より

吉池マリア
ファミ通公式 Wii
10

エンディングまでのストーリー展開がうまい。加えて脇役を含む出演者の演技、演出、テンポもすばらしく、人気の海外ドラマの如く、観始めると最後まで一気に観ずにはいられません。ヒントのおかげでクリアー自体は決して難しくなく、コンプリートを目指すと、かなりの歯応えです。

週刊ファミ通1043号より

山本ペンキ
ファミ通公式 Wii
10

各シナリオの交錯する量が膨大で、なおかつ絶妙のタイミング。ここまでゲーム性が高いのに内容が破綻しないのは、ストーリーの緻密さと、何より"楽しさ"がプレイヤーをグイグイ引っ張ってくれるおかげかと。シーンごとのビジュアルや音楽、効果音へのこだわりもスバラシイです。

週刊ファミ通1043号より

河田スガシ
ファミ通公式 Wii
10

心理や心情をわかりやすく表現した読み心地のいいテキスト。複雑に絡みつつも紐解く醍醐味をしっかり堪能させてくれるゲーム性。斬新かつインパクトのある演出。すばらしい楽曲。ゲームでしか表現し得ない、サウンドノベルという作品の究極形がここにある。理屈抜きで楽しい!

週刊ファミ通1043号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ちょむきん
Wii 2011-01-18 20:38:18投稿
10

芸能人とかにあまり詳しくなく出てる人がぜんぜんわからなかったのでいまいち気のりせずにやったのですがそんなの関係なかったです。おもろいです。 ストーリーがすごくよく出来てるので止めどきが分からなくなります。海外ドラマの24とか好きで、1話終わると次へ次へ進めていくような人は覚悟した方がいいでしょう。 24のように時間軸入れ替わり演出がけっこうあって、あの時誰々がこうしてたらか、こうなったみたいなのが頻繁にあります。その、時間軸含めた物語の進行をぜんぶ自分でコントロールするので、よく覚えておかなければなりません。まあでも、登場人物もそんな多くないですしなんせ「日本人」なんで、ぜんぜん大丈夫ですけど。私はよく海外ドラマ見るのですが、誰が誰かわからなくなることが多いですので、あと、フルCGのゲームキャラも誰が誰かよく分からなくなりますので、実写の日本人が登場するのはそういう意味ではすごくありがたいです。 ムービーはほとんど入ってなくてほとんど静止画の紙芝居ですすむのですが、写真の1枚1枚がいい感じですし、音楽もかなり盛り上げてくれるので、臨場感はすごく味わえます。 最後の方の展開は少々詰め込んだ感がありますが、まあだいたいどんなドラマでもそうなので、それはそれです。 もっと、こういうゲームがたくさん出てほしいです。こういう、海外ドラマみたいな展開するドラマがそもそも日本のドラマに少ないですし。最近テレビでやってたSPECなんか、こういうのにピッタリだと思います。この形式でSPECをゲーム化してくれたらぜったい買いますし、まわりにも勧めるんですけどね。 CGとかイラストのキャラもいいですが、実写は迫力が違う感じがしました。             

こけし
Wii 2009-03-09 21:43:06投稿
10

シナリオが面白い。
ネタバレになってしまうがために、
それ以上に説明のしようがないゲームだが、とにかく面白い。
この面白さを上手く伝えられないのが、売り上げの低い理由か(笑)
街とも違い、最初から誘拐事件という物語の軸を見せている事で、
すんなり楽しめるようになっていると思う。
複数視点から物語を見るというシステムだが、
サウンドノベルらしく伏線が非常に多く、
読み進めていて驚かされることも多い。
起用された俳優もクセの強すぎた街とは違って、ライトな印象。
全員が全員魅力的な方ばかりですね。
Wiiらしく、人を選ばず誰もが楽しめる人選になっていると思う。
シナリオの出来に関しては、サウンドノベルでNO1だろうと思いました。
このゲームだけがという訳ではないが、
サウンドノベルである事の限界を感じたゲームでもありますね。
シナリオは極上品。非常に面白い。
ですが、シナリオが面白くなればなるほど、
ゲーム的な選択肢選びが邪魔でしょうがない。
今のシステムでは、
映画というコンテンツの方が、向いているような気がしますね。
BADEND本位で作られた初期ルートや、やたら頻発するKeepOut。
勝手に中断されても不快なだけなんですよね。
チュン製ノベルはいつもそうですが、
BADENDだけ別の人がシナリオ考えてるの?と思えるような、
唐突で意味不明なゲームオーバーはイライラの元ですね。
あまりの面倒臭さに、終盤は攻略サイトを見てしまいました。
-5の理由はコレです。
不満が随分と長くなってしまいましたが、面白いゲームです。
Wiiをお持ちの方は絶対にプレーしましょう。

チャトラン13世
Wii 2009-02-14 23:43:07投稿
10

『街』。
サターンで産まれたこの作品、とにかく衝撃的であった。
もはや説明不要かもしれないが、複数の主人公の物語が同時進行しそれぞれの行動が他の主人公に影響する。その行動を決めるのはプレイヤー自身、という血わき肉踊る、極上かつ画期的なサウンドノベル!
そんなシステムの流れを汲むのが『428』である(物語は『街』とは関係なく、完全新作)。この作品が発表された瞬間、興奮して鼻血出ました。
シナリオ、演出、システムすべてが洗練されサウンドノベルが到達できる最高の地点に達していると、断言できる。制作者のこだわり、エンターテイメント魂が詰まりまくり、キラキラしてる!!
でも販売本数はそれほどキラキラしてない。
なぜ。もったいない。MOTTAINAI!!!
漢らしく100点つけたいところだが、『街』をはじめてプレイしたときのインパクトにはどうしても勝てないので95点。

428 〜封鎖された渋谷で〜に関連

すべて見る
  1. 1
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  2. 2
    『コール オブ デューティ』のプレイステーションへの今後の方針をXboxトップのフィル・スペンサー氏が明かす。既存の合意分は維持、フランチャイズの展開も当面は継続か
  3. 3
    『ちいかわ』×ドン・キホーテのコラボグッズが2月5日より販売。ちいかわたちがドンペンの帽子を被ってさらにかわいく!
  4. 4
    【ますますマンガで分かるFGO】今回のテーマはスキル演出の早送り。漫画231話“高速化”が公開
  5. 5
    Switch/Steam『百年王国』が2月3日に発売。北欧神話やギリシャ神話の巫女とともに、100年かけて文明を築き上げるシミュレーションゲーム