異能の力に目覚めた者たちが織り成すドラマ

 2007年(平成19年)12月6日はニンテンドーDS用ソフト『テイルズ オブ イノセンス』が発売された日。本日で15周年の節目を迎えました。

 まず、ゲームをプレイして驚いたのはオープニング。プロダクションI.G制作のアニメーションは美しく、ニンテンドーDSでここまで表現できるのかと正直驚きました。主題歌はシンガーソングライターのKOKIAさんで、俗にKOKIA語と呼ばれる難読な歌詞が独自の世界観を演出しています。

 シリーズでニンテンドーDS初の作品『テイルズ オブ ザ テンペスト』はコンパクトな仕上がりでしたが、本作はさまざまな点がボリュームアップ。とくにストーリーは前世の記憶が絡み合う転生モノとなっており、奥深い内容です。

 主人公は引っ込み思案で他人に流されがちなルカ。世界に“異能者”と呼ばれる超人的な力を持つ者が現れ始めるなか、ルカも異能の力を呼び覚ましてしまうというのがプロローグです。この異能の正体は天上の神々の生まれ変わりが覚醒したときに使う天術ですが、それを知らない人々はその常識離れした力を恐れています。

『テイルズ オブ イノセンス』15周年。ニンテンドーDS第2弾は転生モノ。内気な主人公・ルカと自分に正直なヒロイン・イリアのコンビがイイ!【今日は何の日?】

 ヒロインのイリアも転生者。故郷の村から逃れてフラフラになっていたところでルカと出会い、彼を巻き込む形で前世を巡る旅に出ることになります。イリアは女性らしいことを嫌う大雑把な性格で、おとなしいルカとは正反対。この絶妙なバランスがよかったですね。イリアがこういう性格なのは前世が原因しているのですが、それは物語の核心でもあるため、ぜひプレイして確認してみてください。真実を知ったときのルカとイリアのやり取りは泣けます……。

『テイルズ オブ イノセンス』15周年。ニンテンドーDS第2弾は転生モノ。内気な主人公・ルカと自分に正直なヒロイン・イリアのコンビがイイ!【今日は何の日?】
『テイルズ オブ イノセンス』15周年。ニンテンドーDS第2弾は転生モノ。内気な主人公・ルカと自分に正直なヒロイン・イリアのコンビがイイ!【今日は何の日?】

 本作に登場するキャラクターは、不良少年のスパーダ、世渡り上手なシスターのアンジュ、傭兵のリカルド、戦乱で孤児となったストリートチルドレンのエルマーナなど。みんな転生者で前世でも行動をともにしていた仲間なので、現代と前世のふたつの物語が交錯する様子はとても興味深いものでした。ルカの前世が威風堂々として威厳に満ちた将軍だったり、アンジュの前世が男性だったりと意外な部分もあっておもしろかったですね。

 バトルは自由にバトルフィールドを駆け回ることができる『テイルズ オブ ジ アビス』の“フレックスレンジ リニアモーションバトルシステム(FR-LMBS)”と、空中コンボの楽しさを表現した『テイルズ オブ デスティニー』(セルフカバー版)の“エアーリアル リニアモーションバトルシステム(AR-LMBS)”が融合したもの。自由かつ爽快感のあるバトルが楽しめました。

『テイルズ オブ イノセンス』15周年。ニンテンドーDS第2弾は転生モノ。内気な主人公・ルカと自分に正直なヒロイン・イリアのコンビがイイ!【今日は何の日?】
『テイルズ オブ イノセンス』15周年。ニンテンドーDS第2弾は転生モノ。内気な主人公・ルカと自分に正直なヒロイン・イリアのコンビがイイ!【今日は何の日?】
『テイルズ オブ イノセンス』15周年。ニンテンドーDS第2弾は転生モノ。内気な主人公・ルカと自分に正直なヒロイン・イリアのコンビがイイ!【今日は何の日?】

 2012年1月26日にはリメイク作の『テイルズ オブ イノセンス R』がプレイステーションVitaで発売。コンウェイとキュキュという新たな仲間が登場するほか、ストーリーが再構築されてわかりやすくなっていたり、戦闘もプレイしやすくなりました。

 いま遊ぶなら『テイルズ オブ イノセンス R』がオススメですが、せっかくの15周年ですしニンテンドーDSを引っ張り出してオリジナル版を遊ぶのもいいかもしれません。もしくは両方プレイしちゃうのもアリ!

Amazonで『テイルズ オブ イノセンス』を検索
これまでの今日は何の日?