本日2022年1月13日、プラチナゲームズの佐藤賢一氏が2021年12月末日をもって代表を退任し、後任に現代表取締役副社長の稲葉敦志氏が就任したことが明らかとなった。

 佐藤氏は、2016年4月に社長に就任後、「世界中の人々に笑顔を届けたい」という想いのもとで、ゲーム開発事業に注力し、2019年12月にテンセント社との資本提携を実現させたのち、更なる開発力強化のために東京における開発拠点として「プラチナゲームズTOKYO」を立ち上げ、私たちの悲願である「自社IP(知的財産)」の開発をスタートさせ」(プラチナゲームズ公式ブログより)るなどの手腕を発揮。

 「これから先は、プラチナゲームズにしかできない「新しい遊び」の創造に向けて、加速して進んでいく必要があり、そのためには、このタイミングで、プラチナゲームズのスタジオヘッドとして長年ゲームクリエイティブの面で手腕を発揮してくれていた、稲葉に社長の座をバトンタッチすることが、最善の策であるという判断をした」(同)という。

 今後は、顧問という立場で、側面からプラチナゲームズを支えていくとのことだ。

 新たにプラチナゲームズの代表取締役社長に就任した稲葉敦志氏は、「『新たな遊びを生み出し続ける』というプラチナゲームズの存在意義をより強く輝かせられるように尽力し、さらなる飛躍を目指したいと思います」(同)とのこと。