2012年4月12日に発売されたビジュアルノベルゲーム『魔法使いの夜』(原作:奈須きのこ氏・TYPE-MOON)の劇場アニメーション化が決定した。

TYPE-MOONのPCゲーム『魔法使いの夜』が劇場アニメ化

 アニメーション制作は、『空の境界』『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』など、数多くのTYPE-MOON作品をアニメ化し、現在放送中のアニメ『鬼滅の刃』を制作するufotableが手掛ける。

 劇場アニメ化の発表にあわせて、ティザービジュアルおよびティザーPVが公開された。

『魔法使いの夜』劇場アニメ化決定。ufotableが制作、ティザービジュアルとティザーPVが公開
『魔法使いの夜』劇場アニメ化決定。ufotableが制作、ティザービジュアルとティザーPVが公開

『魔法使いの夜』ティザーPV

 ティザーPVでは、主人公兼ヒロインの蒼崎青子と久遠寺有珠の姿を確認できる。なお、現時点では声優陣は発表されていない。

 また、公式サイト公式Twitterも開設された。『魔法使いの夜』の続報に注目しよう。

【スタッフ】

  • 原作:奈須きのこ・TYPE-MOON
  • アニメーション制作:ufotable

こやまひろかず氏のお祝いイラストも公開

 PCゲーム『魔法使いの夜』のグラフィックを手掛けたこやまひろかず氏のTwitterにて、蒼崎青子が描かれた劇場アニメ化お祝いイラストが公開された。

ビジュアルノベルゲーム『魔法使いの夜』とは

 『魔法使いの夜』はTYPE-MOONが開発し、2012年4月12日に発売されたビジュアルノベルPCゲーム。他機種などへの移植や、ダウンロード販売等は現在のところ行われていない。

 シナリオを『空の境界』『Fateシリーズ』の生みの親である奈須きのこ氏、グラフィックを長年TYPE-MOONのクリエイティブに携わるこやまひろかず氏が手掛け、物語・映像・音楽・演出といったノベルゲームに必要とされるすべての要素を最高の水準で作り上げた、正統派“ビジュアルノベル”として話題を博した。

 奈須きのこ氏が『月姫』発売の前に執筆した未発表小説が源流であり、TYPE-MOON作品の時系列においてもっとも古い1980年後半を舞台として描いている。

 なおファミ通.comでは、2021年夏に実施した奈須きのこ氏&武内崇氏インタビューにて、『月姫』リメイクにて舞台が2010年代に変わったことによる、『魔法使いの夜』への影響について聞いている。未読の人はぜひ確認してほしい。

『魔法使いの夜』をAmazon.co.jpで検索する