メディアミックス展開も盛んな、カプコンの人気アドベンチャーゲーム!

 2001年(平成13年)10月12日は、ゲームボーイアドバンス用ソフト『逆転裁判』がカプコンから発売された日。今年で20周年を迎えました。

『逆転裁判』20周年。法廷で真実を暴く法廷バトルアドベンチャーゲームで、個性的なキャラクターたちが魅力!【今日は何の日?】

 『逆転裁判』は主人公の弁護士・成歩堂龍一となって、依頼人の無実を証明していく法廷バトルアドベンチャーゲーム。プレイヤーの推理を直感的に入力するシステムや、ミステリーとして完成度の高いストーリー、成歩堂龍一を始めとする個性豊かなキャラクター、雰囲気を盛り上げるBGMなどで人気の作品です。

 ゲームはシリーズ化されているほか、『逆転検事』シリーズや『大逆転裁判』シリーズなどのスピンオフも多数発売。また、マンガや映画、アニメ、小説、舞台などのメディアでも展開されています。

『逆転裁判』20周年。法廷で真実を暴く法廷バトルアドベンチャーゲームで、個性的なキャラクターたちが魅力!【今日は何の日?】
『逆転裁判』20周年。法廷で真実を暴く法廷バトルアドベンチャーゲームで、個性的なキャラクターたちが魅力!【今日は何の日?】

 『逆転裁判』は、大きく分けてふたつのパートがあります。まず、情報を集める“探偵パート”。そして、法廷を舞台にした“法廷パート”です。

 “探偵パート”は事件現場などを調べ、裁判に勝つための証拠品や情報を集めていきます。このとき、関係者にアイテムをつきつけて話を聞き出すことも可能。十分に証拠品や情報を集めると、つぎの章に進むことができます。関係ないところを調べたときなどに、事件に関係ないボケやツッコミが発生することも多く、これが好きという人も多いのではないでしょうか?

『逆転裁判』20周年。法廷で真実を暴く法廷バトルアドベンチャーゲームで、個性的なキャラクターたちが魅力!【今日は何の日?】
『逆転裁判』20周年。法廷で真実を暴く法廷バトルアドベンチャーゲームで、個性的なキャラクターたちが魅力!【今日は何の日?】

 “法廷パート”では、探偵パートで集めた情報や証拠品をもとに証人の嘘や矛盾を暴いていくことに。証人の証言を“ゆさぶる”とより詳細な話を聞くことができ、場合によっては証言の内容が変わる場合も。証言と証拠品のあいだに矛盾を見つけたら、証人に証拠品を“つきつける”ことで真相を暴くことができます。「異議あり!」のボイスが裁判を盛り上げてくれました。

『逆転裁判』20周年。法廷で真実を暴く法廷バトルアドベンチャーゲームで、個性的なキャラクターたちが魅力!【今日は何の日?】

 なお、成歩堂龍一のボイスはディレクターである巧舟さんの声で、ライバルの御剣怜侍はキャラクターデザイナーの岩元辰郎さんのものだったりします。

 『逆転裁判』シリーズといえば、成歩堂龍一を取り巻く個性豊かなキャラクターたちが魅力。立ちはだかるライバル検事や証人たちは、一度見たら忘れられない人物ばかり。彼らがピンチになったときの派手なリアクションも見どころで、シリーズの注目ポイントになっています。

『逆転裁判』20周年。法廷で真実を暴く法廷バトルアドベンチャーゲームで、個性的なキャラクターたちが魅力!【今日は何の日?】

 現在は、シリーズの『1』から『3』までがセットになった『逆転裁判123 成歩堂セレクション』と、19世紀末・明治時代の日本と倫敦(ロンドン)を舞台にしたスピンオフ作品『大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟-』が1本に集約された、『成歩堂レジェンズコレクション』が発売中です。

『成歩堂レジェンズコレクション』(Switch)の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『成歩堂レジェンズコレクション』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

※画面写真はニンテンドーDS版『逆転裁判 蘇る逆転』のものです。

これまでの今日は何の日?