1996年(平成8年)2月23日は、『サカつく』シリーズの初代作品『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!』がセガサターンで発売された日。本日で発売から25周年という節目を迎えた。

 初代『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!』は、セガ・エンタープライゼス(当時)から発売されたシミュレーションゲーム。1993年に開幕した日本プロサッカーリーグ“Jリーグ”を題材に、サッカークラブの運営や試合采配を行いながら世界最強のクラブを目指すといった内容になっている。

『サカつく』シリーズが発売25周年。経営と育成の要素を併せ持つ斬新なシステムのシミュレーションゲームに多くのサッカーファンが夢中になった【今日は何の日?】
『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!』(セガサターン/1996年)

 クラブチームの施設やスタッフの管理、興行収入などを考慮しながらゲームを進める経営要素に、選手たちを鍛えて一流のプレイヤーに育て上げる育成要素をミックスしたシステムは当時から非常に斬新。経営と育成の要素を併せ持つソフトはほかになく、難度が少々高めだったにも関わらず多くのサッカーファンたちを惹きつけたものだった。

 開幕から3年目ということもあってJリーグの人気っぷりは凄まじく、それも後押しとなって本作は大ヒットすることになった。サッカーにあまり興味を持っていなかった筆者ですら、ドーハの悲劇という忘れられない試合以降は応援に熱が入っていたので、とにかくみんながサッカーに情熱を燃やす時代だったと記憶している。

『サカつく』シリーズが発売25周年。経営と育成の要素を併せ持つ斬新なシステムのシミュレーションゲームに多くのサッカーファンが夢中になった【今日は何の日?】
『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!』(セガサターン/1996年)

 ホームタウンやチーム名を決め、監督や選手も選んで作り上げた新興のオリジナルチームが、実名のJリーグ選手たちと肩を並べて競い合うシチュエーションはこれ以上ないくらいの熱い展開。サッカーファンのユーザー的には「これぞ理想のシミュレーション」と思った人も少なくないはずだ。試合シーンでは選手を直接操作するのではなく、フォーメーションや作戦などを指示して采配を振るうのみだったので、育てた選手たちがしっかり仕事をしてくれるのか気が気じゃなく、実況付きの試合の行く末を固唾を飲んで見守っていた人も多かったんじゃないかな。

 育成したクラブデータをパスワード機能で持ち寄って友だちと対戦することもできたので、日々対戦をくり広げたユーザーもいたことだろう。

 以降、本作はシリーズ化。ドリームキャストやPC、携帯ゲーム機など、さまざまなプラットフォームで25作品以上発売・配信されている。最新作はスマートフォン向けのタイトルで『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』。『サカつく』シリーズ25周年を記念したイベントが多数行われているので、チェックしてみるのもいいだろう。

『サカつく』シリーズが発売25周年。経営と育成の要素を併せ持つ斬新なシステムのシミュレーションゲームに多くのサッカーファンが夢中になった【今日は何の日?】
『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!』(ドリームキャスト/1999年)
『サカつく』シリーズが発売25周年。経営と育成の要素を併せ持つ斬新なシステムのシミュレーションゲームに多くのサッカーファンが夢中になった【今日は何の日?】
『サカつく2002 Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!』(プレイステーション2/2002年)
『サカつく』シリーズが発売25周年。経営と育成の要素を併せ持つ斬新なシステムのシミュレーションゲームに多くのサッカーファンが夢中になった【今日は何の日?】
『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!'04』(プレイステーション2/2004年)
『サカつく』シリーズが発売25周年。経営と育成の要素を併せ持つ斬新なシステムのシミュレーションゲームに多くのサッカーファンが夢中になった【今日は何の日?】
『サカつくDS タッチandダイレクト』(ニンテンドーDS/2008年)
『サカつく』シリーズが発売25周年。経営と育成の要素を併せ持つ斬新なシステムのシミュレーションゲームに多くのサッカーファンが夢中になった【今日は何の日?】
『サカつく プロサッカークラブをつくろう』(プレイステーション3、プレイステーションVita/2013年)
『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワール‪ド』‬App Storeでダウンロード
『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワール‪ド』Google Playでダウンロード